×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

最遊記ー4

*ヴォーカルアルバム、おまけ的なタイトルを扱っています。。

*タイトルに、巻数が付いているお話はこちらから。

*最遊記RELOAD以降のタイトルと外伝はこちらから。

*エニックスの書籍扱いCD・キャスト違いのドラマCD・DJCDはこちらから。


ヴォーカルアルバム 
VOL.1

峰倉かずや ムービック 2002年5月10日 MACMー1152
1.Junk Boys(歌/関俊彦&保志総一朗&平田広明)
2.infinity(歌/保志総一朗)
3.scene1:HAKKAI&GOJYO(ミニドラマ)
4.bad friends(歌/関俊彦&平田広明)
5.scene2:HAKKAI&SANZO(ミニドラマ)
6.GAME(歌/関俊彦)
7.blow winds(歌/関俊彦&保志総一朗&平田広明)
関俊彦(玄奘三蔵)、保志総一朗(孫悟空)
平田広明(沙悟浄)、石田彰(猪八戒)
三蔵、悟空、悟浄の3人によるヴォーカルと、八戒をメインにしたミニドラマ(会話)。
Vol.1では、三蔵と悟空のソロ。そして三蔵と悟浄のデュエットと3人による歌が堪能出来ます。
ドラマの感想を書くだけでも手一杯なものですから、歌はねぇ・・なかなか手が出なかったと言うのが正直なところです。歌の感想を一回聴いただけで書くなんて事は出来ませんし。ソングアルバムの場合には、2ヶ月か3ヶ月ほど車の中でずーっっと聴いて(通勤タイムに)、そこでやっと感想を書くと言うパターンになっておりますm(_ _)m。なので、やっと聴いた!!感想を書ける!!と言うのが正直なところです。
ところが、初めて耳にした時に。初めて聴いたような気がしなかったですね。どこかでこの音楽は聴いてない?と思ったくらいです。アニメか何かの中で、歌ではなく曲が使われたと言うことがあったかなぁ??まさかね。

しかし。歌のアルバムでも、三蔵一行って格好良いですねぇ(^-^)。幻想魔伝最遊記のヴォーカルアルバム3枚に共通して言える事は、「格好良い!」が先ず来ます。そして、ちょっと斜に構えてはいるけれど。その斜に構えた姿までもが、信念に基づく彼らの自信とスタイルそのもので。クールでスタイリッシュ。都会っぽい・・・など形容詞がいくらでも出てくる感じと言えば良いでしょうか?
歌詞も、彼らのキャラソンでありながら、本当にちょっと斜交いなイメージまでもがぴったりで。アニメや漫画のシーンをふと思い出してしまうほどでした。

そして、八戒をメインにしたミニドラマ(ドラマと言うよりも会話ですな)は、八戒と悟浄。八戒と三蔵の会話と言う設定ですが。今回は、三蔵と八戒の会話に笑わせていただきました。
二人が相部屋の時には、何を話しているか?の悟浄達の問いに。そう言えば、あまり会話をしていない・・と気が付いた八戒。三蔵と会話をしてみよう・・と、いきなり「しりとりをしましょうか?」と言い出すし。「倦怠期の夫婦みたい」と言う台詞は出てくるし。そこで、三蔵様が怒らないのよねぇ・・「倦怠期の夫婦」と言う言葉に。「いつから、誰と誰が夫婦なんだ!!」なんて怒りそうなのに、あっさりスルーしてしまっていまして。
まぁ、この会話が珈琲をいれながら・・なので。確かにお茶と珈琲の差はあれ、子供が大きくなってしまって。会話が途切れてしまう倦怠期の夫婦と言うのは、ありえるかもしれませんが(大笑)。

ところで。個人的に気になったのは。4曲目の歌詞で「言葉なんて役不足」とあるのですが。役不足の意味・・間違っていません??
役不足を辞書で調べると、「割り当てられた役目に対して不満を持つこと」「軽い役目で、腕前を十分に発揮出来ないこと」となっています。この場合の歌詞は、雨の夜に過去を思い出して悩んだり苦しんだりする人(仲間)に対して、言葉をかけたにしても、意味がない・・と言う意味合いに受け取れるのですが。そうすると、役不足じゃ言葉が違うように思うのですが。そりゃ、歌詞ですから、言葉の数が決められていますよね。二文字のところに三文字だと、歌いづらいでしょうし。創竜伝の1で、続さんが言っていた台詞を思い出していました。
いや・・実は。行きつけの病院の院長先生が、「この薬では役不足だから、こちらのお薬を処方しますね」と説明するのです。その先生が、役(やく)に薬のやくをひっかけての言葉ではないか?と、言う人もいますが。そんなユーモアセンスがある人には見えないんですね。その度に「先生・・それ、言葉違うし」と突っ込みを入れたくなるんです。でも、相手は自分よりも年上の方ですし、世間的にもお医者様はエリートで地位もあるから、小娘(大笑)ごときに言葉の違いを指摘されたら、怒ると思うんですよね。だから、言えないでずーっと来ているのですが。先日受診した時にも、まだ気が付いていらっしゃらないのか、また使っていらっしゃって。それが気になって仕方なかった時だったのも重なっております。もし、普段の時に聴いたら、私もスルーしていたかもしれないですね。


ボーカルアルバム「幻想魔伝最遊記」vol.1

ヴォーカルアルバム VOL.2

峰倉かずや ムービック 2003年1月24日 MACMー1153
1.Go to the west(歌/関俊彦&保志総一朗&平田広明)
2.rebirth(歌/平田広明)
3.scene3:HAKKAI&GOKU(ミニドラマ)
4.TREASURE(歌/関俊彦&保志総一朗)
5.The clouds break.(歌/関俊彦)
6.scene4:HAKKAI&SANZO&GOKU&GOJYO(ミニドラマ)
7.Freedom(歌/関俊彦&保志総一朗&平田広明)
関俊彦(玄奘三蔵)、保志総一朗(孫悟空)
平田広明(沙悟浄)、石田彰(猪八戒)


笹島かほる(店員)
三蔵、悟空、悟浄の3人によるヴォーカルと、八戒をメインにしたミニドラマ(会話)。
Vol.2では、三蔵と悟浄のソロ。そして三蔵と悟空のデュエットと3人による歌が堪能出来ます。
1曲目。歌うのが難しそうなラップ・・・でも、なんだか埃まみれで旅を続けているだろう4人のジープに乗っている姿が見えるような歌ですね。雑然としているっぽい最遊記の世界にマッチしています(^-^)。
2曲目。平田さんがソロで歌っている!!これに尽きます。お上手だよね。
でも、石田さんが歌わない発言していらっしゃるから、ソロ以外の取り合わせが難しいですよね(^^;。いや、4人全員で歌う歌に、3人の組み合わせに2人の組み合わせもいろいろとバリエーション豊富に出来たはずですもの。
4曲目は、悟空が三蔵様と一緒だからか?とっても真剣!と言う感じです。
5曲目は、幻想魔伝最遊記のヴォーカルアルバムの中でも屈指の名曲!!と個人的には思っています。と言うのも。歌を聴きながら、空をふんわりと飛ぶオレンジ色(橙色)の紙飛行機が、見えてしまったのですもの。ちぎれ行く雲を見上げた三蔵は、きっと煙草を吹かしているでしょうが。その目の先には、きっと穏やかな笑顔の光明様が見えていると思うんですよ。
そして、最後の7曲目は。やっぱり3人で歌って締め!と言う感じですね。

今回のドラマは、トラック3が悟空と八戒が地蔵蛍(浅学にして知らないのですが、そういう種類の蛍とか、呼ばれ方をする蛍が居るんですね。初めて知ったものですから「おぉ!」と思ってしまいました)を探す夜の出来事。
悟空と八戒の間で、天国についてや死後の世界についての真面目な会話が交わされるとは思わなかっただけに、ちょっとびっくり。
でも、八戒ってば「悟空ってタラシですね」って・・・おいおい・・・。

そして!!一番最初に聴いた時には、ひっくり返ってしまいましたよ。もう、このトラック6を聴くだけでもこのCDは買い!と思ってしまったくらいです。
カラオケハウスにやってきた4人。しかし、お酒が入ったからか?カラオケなんて・・と言っていた三蔵がマイクを離さない。しかも、上手いしマイクを持つ手の小指が立っている(大笑)。他の3人の出る幕なしって感じのお話なのですが。
このトラックの最初が、なんと5トラック目のイントロから関さんの歌で始まっているものですから。一瞬「あれ?また同じ歌が流れているよ。ちょっと・・何?バグ??(CDにバグってあるんだうか?)」と思っていたら。その歌声が微妙に違う。エコーがかかっていて。悟空達の会話が入っていて・・。
このトラックの録音の時って、実際に関俊彦さんはずーっと後ろで歌っていらしたのかしら?何しろ、オチの部分で店員さんが「延長しますか?」と言っている会話にちゃんと見事なタイミングで加わっているんです。しかも、この「延長だ」と「1時間だ」と言う台詞が、実に見事に歌の間にはまっているんですよね。これ以上はないくらいのタイミングでしたもの。
でも・・・きっとね、このトラック6を聴いた方は皆さん思ったのではないかしら?三蔵様のソロ曲がカラオケに入っているのなら、悟空と悟浄のソロもカラオケにあったのじゃないか?って・・。何もモー娘。をデュエットで歌わなくても(^^;・・。この時点では、悟空と悟浄のデュエットはないから、仕方ないと言えば仕方ないんですけどね。
後は、やっぱり八戒が一曲も歌っていない・・と言う会話で「僕は遠慮します」と(八戒が)語っていますが。妙にリアリティのあるセリフだなぁ・・と。はい。
また、シーン的に三蔵の歌が終わった時に「三蔵、最高!」とか拍手や口笛が飛び交っていますけど。二次会などで曲を歌い終わって席に戻る人がいる時を思い出しました。それまでは、歌なんて真面目に聞いていなくて。他の話で盛り上がっていても、曲が終わったらおざなりの拍手をして「わー!上手いなぁ」「さすが!」なんてちょっと感想を言ったりしてね。日常でもありえるシーンだったので、こちらも妙にリアリティを感じながら聴いておりました。
・・・ところで、この場合は「おざなり」で良いですよね?なおざりと、時々使い方が混乱してしまうのですが(苦笑)。

ヴォーカルアルバム VOL.3

峰倉かずや ムービック 2003年8月22日 MACMー1166
1.I can fly.(歌/保志総一朗)
2.Touch(歌/森川智之)
3.scene5:HAKKAI&SANZO&GOKU&GOJYO(ミニドラマ)
4.shangri−La(歌/関俊彦)
5.stiff breeze(歌/草尾毅)
6.scene6:HAKKAI&SANZO&GOKU&GOJYO(ミニドラマ)
7.The way to paradise(歌/関俊彦&保志総一朗&平田広明)
関俊彦(玄奘三蔵)、保志総一朗(孫悟空)
平田広明(沙悟浄)、石田彰(猪八戒)
三蔵、悟空、悟浄の3人によるヴォーカルと、八戒をメインにしたミニドラマ(会話)。
Vol.3では、三蔵と悟空のソロ。そしてなんと!敵である紅孩児にアニメオリジナルキャラだった焔のソロも収録!
三蔵一行だけでは、歌う人が足りなくなってきたのかなぁ・・・と思ってしまったヴォーカルアルバムの3。まぁ、紅孩児は分かるにしても、アニメオリジナルキャラの焔が歌うんですものねぇ・・。だったら、そのうちヘイゼルの遠近さんや烏哭三蔵の大塚さんの歌も聴くことが出来る??
そういうぼやきはともあれ。息で歌った森川さん、最後のリピート部分の「紅く滲んだムーンライト」のところは、他の部分から浮き立っているような感じさえ受けました。最遊記の曲って、ノリは良いし、スタイリッシュで都会的な歌が多いのですが。実際に歌うとなると、難しいだろうなぁ・・・と思うんですよ。その難しい曲を歌いこなしていらっしゃる・・そこに敬服。
そして、紅孩児の歌は。凄くストレートな格好いい!!曲で。ヒーローの多い草尾さんにぴったりですよね(^-^)。

ところで。歌のCDって、車の中などで聞いていると。歌詞を見る機会って減ります。私は、それで良く聞き間違いをしてしまうのですが。今回は、聞き間違いはしていませんでしたが。三蔵様のshangri−Laと言う歌の「せつない手で」と言う部分は「切ない」だと思っていたら。歌詞には「刹那い」となっていまして・・。おぉ!!と感動を覚えてしまいましたm(_ _)m。

恒例の?ミニドラマは、シーン5の方が携帯電話を巡ってのお話。シーン6が温泉での一幕でした。
携帯電話は、この作品とは関係はないのですが。最近届いたミニドラマのWISHES!で、悟浄が「メアド教えて」とランプの精に言っているところから、悟浄も悟空も無事に携帯を買ってもらえたのかなぁ??などと思いました(大笑)。
でも、しれっと携帯を持って使いこなしている八戒。いかにも、らしい!!ですよね。電話の相手が非常に気になるのですが・・。

そして、もう一つの温泉話は。関俊彦さんの「三蔵です」に大受け。あれって、三瓶ちゃんか誰かのギャグですよね??「なんでだろう」と一本調子でやっていらしたのも、ギターを持って踊る二人組のお笑いさんのネタですよね?それで良いんですよね??
流行廃りの激しいお笑いネタは、こういう時に辛いですねぇ・・。だって、4年後の今でさえ「このネタって・・あれよね?」になるのに。このCDを例えば10年後に聞いたら、その時に初めて聞いた方には通じないと思うんです。
背後でずーっっとブツブツ言っている三蔵様のセリフも、八戒の電話の相手くらい気になりました。
でも。三蔵様・・お風呂に入ってアルコールって・・危ないですよ。血の巡りが良くなりますから、お一人で一升瓶11本は多すぎます。それに、ザルの八戒と悟浄が3本は、足りないのじゃないか・・ってそういう問題じゃないですが・・。よい子は絶対に真似しちゃ駄目ですよ!!(しないって・・一升瓶一本も無理だって)

最遊記RELOAD 
ボーカルアルバム@

峰倉かずや フロンティアワークス 2004年7月23日 FCCCー0018
1.waymarks(歌/関俊彦、保志総一朗、平田広明)
2.wing area(歌/保志総一朗)
3.scene1(石田彰、関俊彦、保志総一朗、平田広明)
4.there is(歌/保志総一朗・平田広明)
5.spirit(歌/草尾毅)
6.scene2(石田彰、関俊彦、保志総一朗、平田広明)
7.trigger(歌/関俊彦)
関俊彦(玄奘三蔵)、保志総一朗(孫悟空)
平田広明(沙悟浄)、石田彰(猪八戒)

宗矢樹頼(屋台のオヤジ)
三蔵、悟空、悟浄の3人によるヴォーカルと、ミニドラマ。
三蔵と悟空、紅孩児のソロも収録!
困る・・・最遊記の感想は、ドラマもヴォーカルアルバムも本当に困るんですよ!!
何故なら。最初のアルバムで、歌の世界の最遊記についての語る言葉を全部書いてしまったため。
頭をひねっても、もうこれ以上言葉を尽くして語る事が出来ません!!ひねっても、絞っても振っても・・・振ったらカラカラと乾いた音がするだけですが・・・ごめんなさい!言葉が出ません。

いや、本当にキャラソンって良いなぁ・・って思うんですよ。声優さんご本人の魅力もありますが、そのキャラになって歌っていらっしゃる。その歌詞が、また(大抵キャラソン買う時は、そのお話なり世界観が好きで買っているわけですから)キャラを彷彿とさせて素敵だし。
しかも、最遊記の歌は総じてスタイリッシュで格好いい曲ばかりだから。ドライブソングにぴったり!!(2007年7月以降は、RELOADの1と2と、あと2枚ほどを録音したものをずーっと聴いていたんです)
これらの曲から、一曲選べと言われても本当に困る・・。お気に入りはどれですか?なんて、とても書けません。
3人で歌う1曲目は、ジープに乗って夕日の中を走っている彼らが浮かびますし(歌わなくても、そこに八戒がにこやかな笑顔を浮かべてハンドル握っている姿が見えます)。
悟空と悟浄のペアソング(゜゜)\バキッ☆は、鼻歌まじりに楽しく歌えますし。悟空のソロは、うーん・・やっぱり某後ろ向きなお坊さんよりも、こっちの方が保志さんにぴったりだなと思います。三蔵様と紅孩児のソロは、格好良すぎるし。
特に、三蔵様役の関俊彦さんの張りつめたような、綺麗な高音は、BE THEREでの「一切の迷いのない声」でお経を読んだ時の声とは、こういう感じなんだろう・・・。まさに、黄金の光だ!と思わせるほどなんですもの。
聴いていて、しびれまくりましたよ(^-^)。

そして。ドラマは・・。scene1がお祭りでのエピソード。屋台の射的に当たらない三蔵様と、金魚すくいに特別の思い入れがある八戒。
もう、いかにも!!ですよね(^-^)。
そして、scene2が、悟空が真剣な顔で起きてきて「死ぬかもしれない」と言い出してのミニドラマ。
一つだけ、突っ込み入れるとするなら・・。乳歯じゃあるまいし・・抜けた歯はどうなるんだろう?悟空だから、生えてくる??って言うか・・あの健康優良児の悟空には、そんなもの出来るとは思えなかった・・って感想で・・。はい。

最遊記RELOAD 
ボーカルアルバム2

峰倉かずや フロンティアワークス 2004年11月25日 FCCMー0025
1.cherish(歌/保志総一朗)
2.one day(歌/平田広明)
3.scene3(石田彰、関俊彦、保志総一朗、平田広明)
4.preparation(歌/関俊彦)
5.brave soul(歌/草尾毅)
6.scene4(石田彰、関俊彦、保志総一朗、平田広明)
7.destination(歌/関俊彦、保志総一朗、平田広明)
悟空、悟浄、三蔵そして紅孩児のソロと、八戒を除く三蔵一行のボーカル。三蔵一行の旅の様子を描いたドラマ2編を収録。
ドラマは、何もない平和な夜に退屈を持て余す悟空に悟浄が提案したゲームとは・・・。そして、ジープで西へと向かう一行だが。運転手の八戒が眠気に襲われて・・・
歌は、やっぱり3人で歌っている7曲目が好きです。次が、関さんのソロで。同率3位が草尾さんと平田さんのソロ・・保志さんのソロも嫌いじゃないけど、敢えて順位をつけるならそうなります・・。無理につけなくても良いんですけどね(苦笑)。
いや。。出だしは、わぁ・・高音で良い!と思ったんですよ。裏声駆使して、一生懸命歌っていらっしゃるし。でも・・・ねぇ・・。

関さんは、流石でお上手だし。草尾さんの歌は、前にソロで参戦した時よりも格好良くて好き(*^^*)。平田さんのソロは(ゾロじゃないですぜ・・って、誰も言ってないって)歌詞で「ふかす煙草」と「美味いビール」と言う部分がいかにも悟浄で。
ちょっと半音上がる所だとか、本当に好き。あぁ・・この歌詞好きだ!と思った歌詞がリピート対象のさびになっていたのも含めて、私のツボを直撃しているんです・・。
ほら・・こうやって選んだら。そうなっちゃうんですもの(゜゜)\バキッ☆。

ドラマパートは、にこやかな笑顔なのに。怒らせたら(って勝負事で、後々まで恨むなよ・・いかさまやったのが分かったとかならともかくも)怖い八戒が印象的な3トラック。
やけになったような平田さんのかけ声が、笑いを誘います。
踊り子さんには手を触れないで・・って、悟空が居るのに。教育的観点は大丈夫ですか?自分が言い出した事だから、OK??

そして、八戒が寝てしまったり。病気だったら、この一行はすぐさま旅自体が中止になるな・・と思ってしまった6トラック。
ジープって、あの白い可愛い竜だよね?なのに、何故そんなボタンやスイッチが付いていた??無茶苦茶されているのなら、ポン!と元の姿に戻れば良いのに・・とふっと思ってしまいましたが。
そう言えば、乗せている時には。竜の姿に戻らないよね?偉いなぁ・・ジープ・・。
ところで、八戒はどういう夢を見ているんでしょう?カメを飼いたいとか、夢を見る年頃は過ぎました・・って・・。
でも、嫌みなのか謝っているのか分からない部分は、八戒特有の嫌みだと断言してしまいます。

最遊記RELOAD GUNLOCK 
ボーカルアルバム1

峰倉かずや フロンティアワークス FCCM0086 2006年7月21日
1.shout(歌/保志総一朗、草尾毅)
2.play(歌/浪川大輔)
3.scene 1(石田彰、保志総一朗、関俊彦、平田広明)
4.roost(歌/保志総一朗、平田広明)
5.dayfly(歌/関俊彦)
6.scene 2(石田彰、保志総一朗、関俊彦、平田広明)
7.some day(歌/関俊彦、保志総一朗、平田広明)

最遊記RELOAD GUNLOCK 
ボーカルアルバム2

峰倉かずや フロンティアワークス FCCM0087 2007年6月22日
1.orange(歌/保志総一朗)
2.angel(歌/遠近孝一)
3.scene 3(石田彰、保志総一朗、関俊彦、平田広明)
4.Rain(歌/関俊彦)
5.respectively(歌/平田広明、小杉十郎太)
6.scene 4(石田彰、保志総一朗、関俊彦、平田広明)
7.Moon(歌/関俊彦、保志総一朗、平田広明)

最遊記RELOAD 
6巻応募者全員プレゼント

峰倉かずや 一迅社 2006年5月到着
in Family restaurant
キャストトーク
関俊彦(玄奘三蔵)、保志総一朗(孫悟空)
平田広明(沙悟浄)、石田彰(猪八戒)


寺田はるひ(店員)
ファミレスにやって来た三蔵一行。万年欠食児童の悟空を始めとして、彼らが注文したものとは??
アニメの時の「うらさい」を思い出させるような、お遊びのドラマCD。
もう、このCDのメインは峰倉先生がご自分のホームページで、アフレコレポートを書いていらっしゃる通り。悟空のメニュー一気頼みと、悟浄役平田さんの「おすぎです」に尽きるでしょう。
「おまえ、こういう時だけ滑舌良いねぇ」と言われているくらいですから、悟空の一気注文も素晴らしかったですが。(とちった時には、平田さんが「滑舌悪いねぇ」と言う合いの手になったそうですね)
それを復唱した店員役の寺田さんにも拍手を送りたいと思います。
えーっと。その店員さんの復唱を書き出してみました(゜゜)\バキッ☆。
「では、ご注文を繰り返させていただきます。はー(と息を吸い込んで)
フィレステーキのライスをセットでお一つ。イカフリットお一つ、生ビールをジョッキでお一つ。イタリアンハンバーグステーキお一つ、森のキノコのドリアがお一つ。オムライスビーフシチューソースがお一つ。カニクリームスパゲッティをお一つ。メイプルフレンチトーストお一つ、なすとトマトのピッツアをお一つ。コーンスープをボウルでお一つ。ほうれん草とベーコンのソテーをお一つ。ベニーズ特製サラダを和風ドレッシングでお一つ。カレーうどん膳お一つ、しそとタラコの和風パスタがお一つ。デビルスパフェ食後にお二つ。ドリンクバーが3点でよろしいでしょうか?」
いやぁ、悟浄や悟空と一緒に「おぉおおお!!」と拍手したくなりましたもの。
このCDは、他のCDの録音の後に収録がされたそうですが。ハイテンションになっている関俊彦さんの、待っている間の「おすぎです、おすぎです」の小さな声の物真似と(大笑)、それを聴いて吹き出してしまった石田さんの笑い声も耳をダンボにしてお聞き下さいm(_ _)m。
でも、本当に三蔵一行がファミレスに行ったなら。こうなるんかなぁ・・。お店の人、大変そうです。

最遊記RELOAD カルタ

峰倉かずや 一迅社 2007年3月到着
カルタのための読み札ドラマCD
関俊彦(三蔵)、保志総一朗(悟空)
平田広明(悟浄)、石田彰(八戒)


遠近孝一(ヘイゼル)、小山力也(ガト)、堀内賢雄(雀呂)
一迅社ネットショップでの、オリジナル商品。峰倉さんの描いたカルタのための読み札CD。「あ」から「ん」で始まる言葉を、最遊記のキャラクターが羅列する企画。
一番最初に感じたのは、食べ物ってこんなにあったんだなぁ(大笑)と言うことでした。いや、五十音のうち食べ物が出てこないのっていくつある?食べ物の出て来ない音にも、もちろん食べ物はありますが。食べ物よりも、最遊記のキャラクターにふさわしい単語の羅列(やりとりと言うよりも応酬)になっていて。しかも、オチまで付いているのがあるんですよね。
久しぶりに辞書を片手に遊びたくなってしまった企画でした。

おそらくは、その音で始まる単語をいくつもピックアップして。最遊記のキャラにふさわしい単語だけを残して、そこから誰にどれを言わせようか?みたいな事になったとは思うのです(って、大人ってそういう裏の事情などを考えてしまうからなぁ・・(゜゜)\バキッ☆)。が、本当にただのカルタにしておくには勿体ないほどの企画でしたね(^-^)。
CDをセットすると、全体の時間が表示されますよね?その時間よりも、長く感じるCDってそう多くはないのですが。このCDは、久しぶりに表示時間よりも長く感じた一枚になりました(^-^)。

さて。最遊記のキャラらしい単語や言葉の応酬になっている・・と書きましたが。万年空腹児の悟空は食べ物。そして、八戒の腹黒のコメントや一撃必殺(大笑)の単語とヘイゼルとのやりあい。カルタCDでも、ピストルを放つ三蔵に下ネタなら任せて!の悟浄。登場しては、無意味な高笑いだけが印象的と言うか、相手にされていない雀呂。登場はしているけど、シナリオ台本ではなんと!二言しかセリフのなかったガト・・・・(^^;。
シナリオ片手に、そしてシナリオなしで何回も聴きましたが。その度に笑わせていただきました。

最遊記なのに、何故か「か」で春日部市が出てきていますし(どうして、埼玉??何故に?)。
東京都と答えた悟空に「そりゃ収録スタジオの場所」と応じる悟浄。
「ね」で思いつかなくなって「猫ひろし・・ニャーーー」となった悟空の保志さん。まさに身体はってますな。
「ほ」では、三蔵様が「保志総一朗」と名前をしっかりと出していたりしますが。八戒が他のキャラにヒントを出す時って、結構「あぁ、あれね」と分かるのですが。悟空を見て、「ほ」のヒントって・・何だったのかしら?聴いていて、そこだけ思いつかなくて。ちょっとまだ気になっていたりします(^^;。保護者とか、そういう単語だったのかしら?
ヌーブラやニップレスなど、いろいろと面白い単語も揃っていますので、本当に飽きずに楽しめました。

σ(^ ^)は、まだシャッフルでカルタとりのためにCDを再生した事はないのですが。脳のトレーニングにカルタって良いらしいので、今度やってみようかな・・でも、聞き惚れてしまってカルタ取りにならないかな?などと思っています。シャッフルで、カルタ取りに挑戦してみた方。いらっしゃいましたら、どうだったか教えて下さいね(^-^)。

最遊記RELOAD ミニドラマCD”WISHES

峰倉かずや 一迅社 2007年5月到着
関俊彦(三蔵)、保志総一朗(悟空)
平田広明(悟浄)、石田彰(八戒)


遠近孝一(ヘイゼル)、小山力也(ガト)、岩村琴美(魔人)
三蔵一行と何故か、行動を共にしているヘイゼルとガト。食料調達に行った悟空とガトが、拾ってきたランプ。
そのランプをこすったところ、なんと!願い事を叶えてくれる魔人が出てきてしまった!!
番外編的なお話で、もしもこのメンバーが魔法のランプを拾ったなら・・・と言うシチュエーションでのお話です。

それまでは、興味を示さなかったのに。魔人が出てきた瞬間に一斉にわーっと自分の願いを口にする始末。一部、聞き取れる願いを言っていらっしゃる方や、後で「永遠の美貌と若さだと!?」などと突っ込みを入れられた方もいらっしゃるので。ここの部分は、ちょっと何回か誰が何を言っているか、聞き取りに挑戦してみるのも良いかもしれませんね(^-^)。

しかし。願い事を増やすと言うのはなし。しかも、今回は時間制限があって!!ドタバタしている彼らが叶えてもらった願いとは・・・と言うのが、実に見事な落ちが用意されていました。
いかにも、まぁ・・ありそうと言うか。そんなものかな?と思います。

こういう願い事を叶えてくれるお話の中で、SFになるのかな?「猿の手」と言う短編のお話は、かなり印象的でした。
死んだ息子の復活を願った老婆だが、その息子が(おそらくは死んだ姿のままで)甦ってきてしまい。(ドア越しにそれが分かったので)息子が入ってくる前に息子の永遠の眠りを願ってしまう・・・と言う悲しいような残酷なような、そんな物語を思い出していましたが。
もしも、三蔵がお師匠様の復活を。八戒が花喃の復活を願ったとしたら・・そういうゾンビもの?のようなお話に発展したかもしれませんが、あの時には、二人は生き返らせて欲しいとは依頼していないと思うので・・。咄嗟に思いつかなかったのか。それとも、二人の事だから。死んだ人間を甦らせると言う願いは思いつかなかったのか・・。
一刻も早く、こんな下らない旅が終わるように。牛魔王の蘇生実験を中止させてくれ!とか、そういう事も願わないんですね(゜゜)\バキッ☆。いや・・そういう事を彼らが願うはずはないですか。自分の運命や人生は、自分で切り開いてこそ意味がある!って言いそうですものね。

3組に分かれてのトークも収録されていまして。このトークが、3組それぞれに個性があって面白かったですね。
食べる事と寝る事関係で終わってしまった保志さんと関俊彦さん。関俊彦さんが「4つのお願い」でちあきなおみと言っていらっしゃいますが。お若い方には、分からないのじゃないかなぁ?もちろん、関俊彦さんと同じ年の私には、ちゃんと分かりますけどね(苦笑)。
宗教的と言うか、精神的なお話になってしまった石田さんと平田さん。このお二人の時には、それぞれ「願い事を言ってごらん」と、太ったランプの精のような(一般的に見られる魔法の精ね)声を発していらっしゃるのが聴き所です。
そして、ドラマCDのような。結局は身近な物を頼むかな?的なお話になっていたのが遠近さんと小山さんの組。

これを聴いていた貴方は、自分なら何を願うだろう?って考えますか?
私なら・・世界から、殺人や争いを無くして欲しい。病気をなくして欲しいって思いますね。そういう世界平和とかに通じる願いって、魔人さんは叶えられるでしょうか??

最遊記RELOAD 
Death match +α

峰倉かずや 一迅社 ZEROー0045 2008年12月到着
1.Death Match
2.petit burual
3.目指せ!天下一
4.キャスト座談会
関俊彦(三蔵)、保志総一朗(悟空)
平田広明(悟浄)、石田彰(八戒)


羽多野渉(式神使い/チャンピオン)、木下紗華(女主人)
河本邦弘(妖怪)、名村幸太朗(妖怪)逢坂力(妖怪)
溝邉祐子(女性)、柿原徹也(司会者)

  ドラマCDのトップに戻る


  ホームページのトップに戻る