×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハイスクール・オーラバスター他

*集英社関連です・・はい。

ハイスクール・オーラバスター

花より男子

炎の蜃気楼

マリア様がみてる


天使はうまく踊れない

若木未生 集英社 1993年12月 SCD087
結城比呂(崎谷亮介)、菊池正美(水沢諒)

水谷優子(神原亜衣)、岩永哲哉(里見十九郎)
置鮎龍太郎(和泉希沙良)、天野由梨(七瀬冴子)
子安武人(斎伽忍)、菅原正志(宮倉)、千葉耕市(蝉里)
昔から、他人には見えない物を見てしまう能力を持っている崎谷亮介は、屋根の上を散歩している不思議な少年と知り合いになる。
その少年・諒は転校生として現れ、彼に親しくつきまとう。
そんな時、不思議な声に襲撃を受けた亮介は「最近、周囲に変わった事はなかったか?君は狙われている」と告げられ、諒の事を疑ってしまう。
う゛ーん・・・私が構成するとしたら。術者である亮介君や諒くん達のドラマよりも先に、忍さんを描いてしまうかなぁ・・と思いました。
術者は斎伽忍を守るために存在し、忍は「様」付けで呼ばれて一段高い位置にいらっしゃるんですね。命令や指示をして・・・。だけど、なんだかなぁ・・・これは亮介君のお話で、彼の目ざめを聞き。次が、母親を自分の出生のために亡くしてしまった希沙良と従兄弟・十九郎のそれぞれの苦悩が書かれているでしょう?なんとなく、配下・僕である術者の若者の方に意識が行ってしまうんです。メイン人物として出ていると、そちらに情が移ってしまう。この気持ちは、この駄文を読んでいただいているあなたにも分かっていただけるのではないかと思うのですが。
・・・つまりは彼らを顎で使う(使ってはいないにしても、一段高い所にいらっしゃる)忍様に反感みたいなものを抱いてしまうんですね。
まぁ、何も知らずに居た若者。ある日突然、自分の不思議な能力に対する答えを得てしまう。そこから生まれる葛藤や困惑。そちらの方がドラマの導入にはしやすいわけですが。
忍さんが悪いわけではないんですよ。彼もそういう星の下に生まれついてしまっただけですし、それなりに大変な事もあるとは思うのです(人としての器が大きくないといけないとか、将としての立場を維持するには、己を律しないといけないわけです)が。どうも一人で全部を見通してしまっていて、敵を欺くには先ず味方から・・を実践しているような所もあるので。彼を守るために存在する術者としての同じ若者達がメインに出ていると、なぁんか、妙な反感を持ってしまうんですなぁ(^^;。
これがね、忍さんなりの苦悩であるとか、その背景が先にドラマになっていて。それを聞いた後だったら「うんうん、あなたを守る為・力になる為に人が集まっているのね」と思うんでしょうけどねぇ。いきなり出てきた時には、既に忍さんは皆に指示を与えて当然の立場にいらっしゃるでしょう?だから、なんとなく・・・同じ人間だろうに!!みたいな(゜゜)\バキッ☆。(゜゜)\バキッ☆。
個人的には、亮介君の彼女である亜衣ちゃんが先輩に囚われて自分自身を励ますシーン。あそこがお気に入りでした。

セイレーンの聖母

若木未生 集英社 1994年3月 58分42秒 SCD093
岩永哲哉(里見十九郎)、置鮎龍太郎(和泉希沙良)
結城比呂(崎谷亮介)、菊池正美(水沢諒)


折笠愛(七瀬冴子)、加藤光(神原亜衣)
子安武人(斎伽忍)、水原リン(皓)
夏樹リオ(真名)、白鳥由里(八木沢晶子)、一城みゆ希(里見夏江)
従兄弟同士である十九郎と希沙良。
(希沙良との)映画の待ち合わせ場所に急ごうとする十九郎の前に、皓と名乗る妖のものが現れた。攻撃的ではない彼の能力は、自分の身は守れたものの、側にいた少女を巻き添えにしてしまう。
そんな時、希沙良も皓の手下に襲われてしまう・・・。
あら?男性キャラ以外の女性陣は総入れ替え??これを書いていて気が付いたわけですが(゜゜)\バキッ☆・・・女性の声にはあまり無頓着なせいもありますか??(゜゜)\バキッ☆。
さて。このお話では、夏江さんが光っていましたねぇ。自分の息子である十九郎を信じる。その辺りの母親としての強い気持ちが心地よかったです。それは、希沙良への信頼にも繋がっていて。聞いていて、「夏江さん、サイコー」と思っておりました。
逆に気の毒だったのが、晶子さん。希沙良くんも、あんな言い方ひどいんじゃないかなぁ。「おまえが背を向けても、なんとも思わない。おまえは特別じゃない」・・・いや、確かにBLを聞いていて毒された脳には、希沙良くんは十九郎くんあたりとイチャイチャして欲しいわけですが(゜゜)\バキッ☆。ただ、いくら自分の側にいたら危ないから遠ざけるにしても、もっと上手く言いなさい!!ひどすぎ・・本当に・・。それが希沙良くんの真実の気持ちでも、あんまりではないかと・・。

迷える羊に愛の手を

若木未生 集英社 1994年12月1日 SCD109 65分15秒
1:迷える羊に愛の手を
2:アニバーサリー
菊池正美(水沢諒)、結城比呂(崎谷亮介)
置鮎龍太郎(和泉希沙良)、岩永哲哉(里見十九郎)


折笠愛(七瀬冴子)、子安武人(斎伽忍)
加藤光(神原亜衣)、伊藤美紀(山口美夜)
緑川光(大月雄二)、森川智之(峰岸克也)
石田彰(深田充)、麻見順子(早水奈緒)、保志総一朗(麻生和浩)

十字架の少女

若木未生 集英社 1995年12月 65分47秒 SC126
結城比呂(崎谷亮介)、菊池正美(水沢諒)

子安武人(斎伽忍)、岩永哲哉(里見十九郎)
久川綾(七瀬冴子)、加藤光(神原亜衣)
夏樹リオ(水沢彩)、関智一(牙)、一条和也(頼珂)

天冥の剣

若木未生 ジェネオンエンタテインメント 1995年6月28日
1.プロローグ           
2.ワールズ・エッジ〜スウォード・オブ・レザレクション
3.君のせいじゃない       
4.沈黙の代償
5.光刃至現(天冥の剣、顕現)  
6.砕星
7.桜舞い              
8.蘭
9.戦闘               
10.永劫の剣
11.螺旋              
12.エンド・オブ・サイレンス
結城比呂(崎谷亮介)、菊池正美(水沢諒)
置鮎龍太郎(和泉希沙良)、岩永哲哉(里見十九郎)


久川綾(七瀬冴子)、子安武人(斎伽忍)、篠原恵美(工藤珈織・九那妃)
井上和彦(鷹木文彦・勝呂)、折笠愛(浜口アキ・皓)
松本保典( 司)・・・炎リは漢字が出ませんでした。

天野由梨(弥峨)、中村大樹(咸月陣)、中原茂(不破武人)
森川智之(明石川耕宇)、石田彰(遠野一真)、夏樹リオ(水沢彩)
榊原良子(蘭)

花より男子

神尾葉子 集英社 SCDー079 1993年7月
横尾智佐(牧野つくし)、木村拓哉(花沢類)

西尾拓美(道明寺司)、子安武人(美作あきら)
飛田展男(西門総二郎)、島津冴子(藤堂静)、伊崎寿克(青池和也)

豊島まさみ、柿沼紫乃、馬田かやこ
真殿光昭、石田彰、松尾貴司、石桃子

花より男子 

神尾葉子 集英社 SCDー085 1993年12月
横尾智佐(牧野つくし)、木村拓哉(花沢類)

西尾拓美(道明寺司)、子安武人(美作あきら)
飛田展男(西門総二郎)、島津冴子(藤堂静)、伊崎寿克(青池和也)

豊島まさみ、柿沼紫乃、馬田かやこ
真殿光昭、石桃子、小川里永子、有馬克明

花より男子 

神尾葉子 集英社 SCDー097 1994年7月
横尾智佐(牧野つくし)、木村拓哉(花沢類)

西尾拓美(道明寺司)、子安武人(美作あきら)
飛田展男(西門総二郎)、島津冴子(藤堂静)、伊崎寿克(青池和也)

豊島まさみ、柿沼紫乃、馬田かやこ
真殿光昭、石桃子、小川里永子、有馬克明

炎の蜃気楼
まほろばの龍神

桑原水菜 集英社 SCDー069 1992年12月11日
光岡湧太郎(仰木高耶)、松橋登(直江信綱)

松本保典(千秋修平)、天野由梨(塩原なぎ)
中田譲治(佐々成政)、榊原良子(木崎美枝子)
千葉繁(赤鵺)、広瀬正志(松永久秀)
西村知道(ナレーション)、太田淑子(たばこ屋のおばちゃん)

炎の蜃気楼
最愛のあなたへ

桑原水菜 集英社 SCDー081 1993年7月16日
関俊彦(仰木高耶)、辻谷耕史(直江信綱)

小杉十郎太(高坂弾正)、島田敏(佐々成政)
二又一成(下間頼廉)、冬馬由美(早百合)、沢木郁也(ナレーション)

炎の蜃気楼 
この夜に、翼を

桑原水菜 集英社 SCDー099 1994年7月22日
1.WINGS OF THE NIGHT
2.DRAMA♯1 東京湾岸
3.ON THE FLOAT
4.DRAMA♯2 回想1〜翼〜
5.TIMELESS FLIGHT
6.DRAMA♯3 回想2〜タイガーズ・アイ〜
7.THE BITTER END
8.DRAMA♯4 回想3〜永訣〜
9.WINGS OF THE NIGHT(reprise)
10.DRAMA♯5 夢よりも近く
関俊彦(仰木高耶)、速水奨(直江信綱)

田中秀幸(北条氏照)、塩沢兼人(毛利輝元)、笠原留美(田中)

炎の蜃気楼 
鷲よ、誰がために翔ぶ

桑原水菜 集英社 SCDー138 1997年5月16日
1.プロローグ
2.横須賀・霧の埠頭
3.松本・彷徨う高耶
4.夜の公園にて
5.橘家・懊悩る直江
6.松本・救急病院
7.乱闘・シリウスの下
8.回想・滅びの時
9.再び公園にて
関俊彦(仰木高耶)、速水奨(直江信綱)

田中秀幸(橘照弘)、丹下桜(仰木美弥)
松本保典(千秋修平)、飛田展男(八海)
檜山修之(奈良)、沢木郁也(海軍提督)
森川智之(梅木)、松野太紀(成田譲)

マリア様がみてる

今野緒雪 集英社 SCDー905576 2004年1月14日
1.胸さわぎの月曜日
2.波乱の火曜日
3.水曜日の物思い、金曜日のバトル(前編)
植田佳奈(深沢祐巳)、伊藤美紀(小笠原祥子)

篠原恵美(水野蓉子)、豊口めぐみ(佐藤聖)
生天目仁美(鳥居江利子)、伊藤静(支倉令)
能登麻美子(藤堂志摩子)、池澤春菜(島津由乃)
佐藤利奈(武嶋蔦子)、下屋則子(桂)、斎藤千和(山口真美)

加藤ひとみ、小島めぐみ

マリア様がみてる 

今野緒雪 集英社 SCDー905638 2004年4月14日
1.水曜日の物思い、金曜日のバトル(後編)
2.辛くて渋い週末
3.熱い二週目
4.ワルツな日曜日
植田佳奈(深沢祐巳)、伊藤美紀(小笠原祥子)

篠原恵美(水野蓉子)、豊口めぐみ(佐藤聖)
生天目仁美(鳥居江利子)、伊藤静(支倉令)
能登麻美子(藤堂志摩子)、池澤春菜(島津由乃)
檜山修之(柏木優)、佐藤利奈(武嶋蔦子)

高橋美佳子(女生徒)、甲斐田裕子(女生徒)、りの(女生徒)

マリア様がみてる 10
いつしか年も

今野緒雪 集英社 SCDー909268 2006年2月15日
1.直前の卒業生
2.江利子・聖・蓉子
3.送辞と答辞
4.光の中へ
植田佳奈(深沢祐巳)、伊藤美紀(小笠原祥子)

篠原恵美(水野春子)、豊口めぐみ(佐藤聖)
生天目仁美(鳥居江利子)、伊藤静(支倉令)
能登麻美子(藤堂志摩子)、池澤春菜(島津由乃)

りの(蟹名静)、佐藤利奈(武嶋蔦子)、甲斐田裕子(築山三奈子)
斎藤千和(山口真美)、伊藤栄次(山辺)、峯香織(女生徒)
椿理沙(女生徒)、島香裕(教頭)
高山みなみ(先代白薔薇さま)

マリア様がみてる 11
長き夜の

今野緒雪 集英社 SCDー901144 2006年7月14日
長き夜の
1.一月一日
2.二日に神社で初詣
3.天敵のいる風景
4.お姉さまの隣
Answer(5トラック)
植田佳奈(深沢祐巳)、伊藤美紀(小笠原祥子)

篠原恵美(水野春子)、豊口めぐみ(佐藤聖)
檜山修之(柏木優)、市来光弘(深沢祐麒)、さとうあい(福沢みき)
浜田賢二(深沢祐一郎)、相沢恵子(小笠原清子)

三石琴乃(黄薔薇さま)、高山みなみ(白薔薇さま)、勝生真沙子(紅薔薇さま)

マリア様がみてる 
レイニーブルー

今野緒雪 フロンティアワークス FCCNー0051 2009年9月18日
1.予感
2.スマイル スマイル
3.スウィーツ
4.青い傘 紅い傘
植田佳奈(福沢祐巳)、伊藤美紀(小笠原祥子)

釘宮理恵(松平瞳子)、池澤春菜(島津由乃)
能登麻美子(藤堂志摩子)、清水香里(二条乃梨子)

豊口めぐみ(佐藤聖)、市来光弘(福沢祐麒)
佐藤利奈(武嶋蔦子)、甲斐田裕子(築山三奈子)
檜山修之(柏木優)、一龍斎貞友(教師)

月刊コバルト 応募者全員プレゼントドラマCD ヨリドラ2

2004年12月
1.マリア様がみてる「バラエティギフト」
2.貴公子と迷子のウサギ「貴公子と迷子のウサギ 後編」
3.聖石の使徒「揺籃の瞳」
4.緑のアルダ「蒼い雪原」
5.レヴィローズの指輪「奈落の女王」
6.銀朱の花「秘密の約束」
7.ボーナストラック「マリア様がみてる フリートーク」
1&7.植田佳奈(福沢祐巳)、豊口めぐみ(佐藤聖)、生天目仁美(鳥居江利子)、池澤春菜(島津由乃)
2.鈴木千尋(チヒロ)、置鮎龍太郎(真柴光一)、私市淳(一ノ関潤)、山本圭一郎(香崎圭史)、遠藤守哉(添田俊彦)
3.佐藤朱(エーメンティア)、塩山由佳(カートーン)、田中大文(イイオーン)、私市淳(セイ)
4.神田朱未(アルダ・ココ)、野島健児(ウルファ)、田中秀幸(地狼ヨール)、上村典子(エールドナ)、藤野とも子(アナンシア)
5.藤巻恵理子(ジャスティーン)、中井和哉(グレイ)、高橋裕吾(レンドリア)、菅沼久義(リュオン)
6.日比愛子(アルディ)、石田彰(イリス)

月刊コバルト ヨリドラ ’05 (1)

集英社 雑誌コバルト8月号応募者全員サービス 2005年10月到着
1.マリア様がみてる
2.天を支える者
3.姫神さまに願いを
4.銀朱の花
5.鏡のお城のミミ
6.風の王国
1.植田佳奈(祝部みき)、伊藤美紀(さーこさま)、樋口あかり(安美)
2.町井美紀(ナルレイシア)、菅沼久義(ガスカール)
松島広明(スカー)、山口奈々(ファテイ・リンシャ)
3.ゆかな(テン)、関智一(カイ)、神谷浩史(ハル)
4.石田彰(キリアン)、川澄綾子(レティシア)、中友子(ナレーション)
5.前田愛(ミミ)、高橋広樹(エリック)、宇和川恵美(ナレーション)
6.安田美和(翠蘭)、山本圭一郎(リジム)、平野正人(皇帝)、三浦祥朗(ナレーション)

  ドラマCDのトップに戻る


  ホームページのトップに戻る