×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ドラマCD「と」


東海道HISAME ー陽炎

松永空也 インターコミュニケーションズ INCDー2803 2008年10月25日
下野紘(嵯峨野氷雨)、諏訪部順一(孔雀院斎)

小野大輔(白銀響)、石田彰(六波羅紫苑)、藤原啓治(八雲)

吉田聖子(氷雨幼少時)、安士百合野(斎幼少時/千恵)
大原桃子(草太)、阿久津可菜(少年)、藤田玲奈(少年)
石上裕一(妖狐)、谷育子(茶屋のおばさん)、酒巻学(妖怪大髑髏)

東海道HISAME ー陽炎ー
千子村雨

松永空也 インターコミュニケーションズ INCDー2812 2009年7月25日
下野紘(嵯峨野氷雨)、諏訪部順一(孔雀院斎)

小野大輔(白銀響)、吉野裕行(影虎)
石田彰(六波羅紫苑)、藤原啓治(八雲)

吉田聖子(氷雨幼少時)、藤田麻美(紫苑幼少時)、渕上舞(小百合)
三宅健太(運慶)、新垣樽助(嵯峨野竜一)、世戸さおり(嵯峨野葵)
逢坂力(和尚)、高橋英則(職人)

TOKYO GUARDIAN
〜Beauty&The Beast〜

佐野真砂輝&わたなべ京 1996年1月24日 AFCPー2014
桜井智(折原伊吹)、石田彰(寒河江紫)、真殿光昭(嘉数建城)

榊原良子(都築姿子)、子安武人(寒河江堤)、小野坂昌也(宇梶圭璋)
大塚明夫(騎士郎)、真紫摩利(浩行(あづさ))、吉田美保(軟派女)
山崎たくみ(犯人)、氷上恭子(若い女)

東京クレイジーパラダイス
〜司と竜二のラジオナイト〜

仲村佳樹 マリンエンタテインメント 2000年1月26日 MMCCー4702
1:クレパラナイト、スタート           
2:私ガ金ヲ借リタ理由
3:「Happy 7 days」/歌:川上とも子  
4:大バトル!
5:竜二の気持ち!
6:紅月兄弟乱入!
7:「やさしい理由」/歌:三木眞一郎    
8:朝来登場
9:花を見ながら・・・              
10:「悲劇で喜劇なふたりなら」/歌:川上とも子・三木眞一郎
川上とも子(紅月司)、三木眞一郎(白神竜二)

宮村優子(守門朝来)、堀内賢雄(鴨島俊之)、置鮎龍太郎(渋谷良行)
緑川光(紅月託間)、上田祐司(紅月季之)、石田彰(紅月昭平)
大西健晴(ヤクザ)、吉野裕行(チンピラ)
鳥海浩輔(カップル・男)、笠原美佳(カップル・女)、中西裕美子(通行人・女)
ラジオのDJの仕事を引き受けたため、竜二のボディガードの仕事は出来ない。嘘をついてごまかして出てきたものの。その現場に竜二が現れてしまい、一緒に春の公園からの生中継をする事になってしまった。無愛想で無口な竜二とDJ??出来るのか?との不安を胸に番組は開始されてしまった。
しかし、この二人+お目付役が行くところ。何も起きないはずはなく・・・。
これは、一種の「原作を知っている事を条件として、原作ファンが買う」後日談ドラマCDの一つですね。白泉社ドラマCDの一部には、こういうやつがあるから要注意なんですよね。
それなのに、私は原作を知らないで買いました。えぇ、えぇ。石田さんが出演されているドラマCDで、マリンエンタテインメントさんで検索した時に、これは持っていなかった(在庫なしの品物以外では)と言う理由で注文して買いましたよ。キャストを見たら、他にも三木さんに置鮎さん、緑川さんとそうそうたるメンバーがそろっているじゃないですか。主役が遙かのあかねちゃん役(゜゜)\バキッ☆の川上さんだし・・・。どういうお話かなぁ・・・と思ったわけでして。
結果・・・原作のシーンが細切れに回想で出てくると、「あぁ、詳しく分からない」と唸ってしまう事になりました。一応は、名場面と言いますか、このお話をまるで知らない人にも分かりやすくは出来ているんですけど。「あの事件の時も」と言われても、分からないし(大笑)。
大好きで未来永劫自分の側に置いておきたい。それが理由で法外な借金を押しつけて、相手を縛り付ける。相手に自分の恋愛感情をうまく伝えきれない・・・。どこかで聴いた話だなぁ・・と思っていたら。そっか。お金シリーズでしたな(大笑)。
声優さん関連でいきますと。三木さんファン、川上さんファンは歌もあるし、お買い得?でしょう。堀内さんと置鮎さんファンもまぁ・・買ってもOKでしょう。しかし、緑川さんと石田さんファンには、あまりお勧めは出来ません。本当に「これで出番ないの?」と言うくらい短いシーンですから。おそらく、ガヤに参加されているとは思いますけど。

東京ジュリエット

北川みゆき パイオニアLDC PICAー1204 2000年4月25日
1.Prologue
2.Akira’s Pride
3.Message from…
4.Meet the Press
5.Now Showing
6.Epilogue
林原めぐみ(綾瀬みのり)、佐々木望(姫宮亮)

上田祐司(瑞沢功)、小野坂昌也(陣内司)、高田由美(妃美子)
大友龍三郎(雛形英二)、藤田よしのり(藤崎光希)
石川英郎(エリオ・グラッセ)、相沢正樹(ラファエル・ガルマー二)
石田彰(克行(プレタポルテ協会長))、米村千冬(女性記者)
林毅史(男子生徒)、水野愛日(女子生徒)、八戸優(司会(授賞式))
室園丈裕(警備員)、進藤こころ(女性リポーター)

東京タブロイド

水城正太郎・しのざきあきら ケイエスエス 2003年12月19日 KSCAー29187
1.バレンタインと乙女の祈り〜前編〜   
2.バレンタインと乙女の祈り〜後編〜
3.イメージソング「ベルベットの夜と赤い月」(歌/辻純子)
鈴木貴征(猟奇王)、石田彰(天端遊馬)、ゆかな(聖麻衣子)、櫻井浩美(桜小路香澄)

飯島肇(店員・アナウンサー)
舞台は昭和30年の渋谷。白いシルクハット・仮面・タキシードの出で立ちで、日本猟奇化計画なるものを目論む猟奇王。彼がライバルと認めているのは、オカルト新聞の新米記者・天瑞遊馬。
バレンタインの日、遊馬は猟奇王捕縛計画を練るために、桜小路家に呼ばれてしまった。一方、遊馬の同僚の麻衣子は不思議な事故の調査に赴いた。
先ず、思った事が「収録時間が短すぎる!!!」と言うことでした。35分(しかも歌が入って)で、税込み価格2625円は高くない??・・・最初にCDプレイヤーで表示された時間を見た瞬間「お金返せ!」と叫びそうになりましたもの。アニメ一本分を音声にしたと思えば良いけど。普通、ドラマCDって60分くらいは収録時間がありますからね。暴利だ・・・と密かに思ったものです。
・・・なもので、なぁんか感想書こうと言う気にならなくってですね。棚の奥に入れたままにしていたのですm(_ _)m。

さて。石田さん目当てで買ったのは、このホームページをご覧の方にはもうお解りかな?とも思いますが。石田さんが・・・と言うよりも、このドラマCDで一番「おぉ」と思ったのが、実はゆかなさんでした。雑誌に載っていたおまじないを試すシーンは、もう大受け。普通、途中でおかしい事に気が付くだろうが(大笑)。四股を踏むところまで試すか?その前に、周囲の電柱に同じようなまじないがあるのに気が付けよ・・・と思いつつ、聞き入ってしまいました。
遊馬に対する微妙な女性心理を堪能させていただきましたわ。このお話は、鈍感で真面目一途な遊馬くんが・・・と言うよりも、麻衣子ちゃんが主役のように思います。

短いながらも(しつこいって(゜゜)\バキッ☆)、BGMにさりげなく流れている(食事をするお店など)音楽がちょっとレトロっぽく、また、電柱の下の地面に紙を埋めると言うのも、昭和30年と言う時代を上手く表現しているかな?と思いました。今なら、地面がきちんと舗装されていますから、地面に紙を埋めるなんて無理ですもの。あとは、バレンタインの認知度と言うやつですかね。今なら国民的行事となっていますからね。バレンタインにチョコを贈ると言う意味を分からない男性はいらっしゃらないでしょうし。
ちなみに、外国では女性から男性と言うわけではなく、男性から女性に物を贈ったりするそうです。品物はチョコでなくても良いと言う話を聞いたことがあります。・・・個人的には、クッキーやマシュマロよりもチョコレートの方が好きなものですから、どうしてお菓子屋さんはバレンタインにチョコを。ホワイトデーをクッキーやマシュマロにしちゃったんだろう?と思ってしまいます。逆にしてくれれば良かったものを(大笑)。バレンタインと言う宣教師さん自身がチョコレートにも何にも関係なかったそうですから、このチョコレートと言うのは日本だけの習慣らしいんですよね(^-^)。
でも、そのチョコを食べた男性の鼻血で日本を真っ赤にする事も猟奇王の計画・・・とすると、バレンタインにチョコを贈ると言う日本のお菓子やさんが企んだ(大笑)バレンタインの企画自体の出だしが猟奇王だったのかしら?などと思ってしまいました(ありえねーけど(大笑))。

しかし、新聞などで「猟奇的な事件」と書かれると、もの凄く血なまぐさい壮絶なモノを思ってしまうため、最初「日本猟奇化計画」と音声で聞いた時には「え?」と嫌なイメージを思ってしまいました。が、なぁんか間抜けよね。この猟奇化計画って。雑誌に投稿されたおまじないで、事故を起こす事だとか、鼻血で真っ赤が猟奇化計画になるんですもの。
で。猟奇と言う言葉の意味を再確認してみました。日本語辞典によりますと、「怪奇・異常なものに興味をもち、それをあさること」となっていました。いや、いろいろと勉強になりますわ(^-^)。

特殊戦闘員育成機関
ヒーローアカデミーJ

Noctune Records SDNRー0001 2008年3月28日
1.オープニングテーマ「Stage of hero」(ショートver.)
2.第1話 集え!正義の受験生
3.どうなる!?ドキドキお受験!
4.やってみなくちゃわからない!
5.第2話 叫べ!君の熱き想い
6.ヒーローの基本は
7.突撃!御徒町邸
8.音声特典・メインキャスト座談会(ショートver.)
初回特典
ミニドラマ「魅惑の節分ロマン」
メインキャスト座談会
鈴村健一(本郷守)、遊佐浩二(蓮沼心)、宮田幸季(信濃仁志)
神谷浩史(御徒町正義)、浜田賢二(大門勇吉)


稲田徹(赤沢一)、土田大(ガンナイト)、川村拓央(茶畑実)
保村真(アレックス神田)、斉藤亮太(デヤンス兵1)、遠藤大輔(デヤンス兵2)
本郷守は、不良に絡まれていたところをに正義のヒーローに助けられて以来、ヒーローオタク(゜゜)\バキッ☆もとい!正義の味方になる事を夢見る少年となった。そして今、特殊戦闘員育成機関への入学試験を前に、同じ受験生達と(それぞれにかなり癖のある)親しくなるのだった・・・・
1枚のドラマCDに、2話まででしたら。守くんがヒーローとなって巣立って行く所まで描くとしたら・・一体何枚のCDが必要となるのかなぁ?などと思ってしまったのが一番最初の感想でした(大笑)
でも、永遠に続くお話があれば良いのに・・楽しい時間は、何時までも続いて欲しいと願うなら。ドラマCD1枚に2話でもかまわないのですが・・ちょおーっとテンポがぬるくないですかね?

お話としては、とぉっても楽しかったです。
お話が楽しいと言うよりも、ヒーロー物に対する愛やオマージュが強すぎて、どちらかと言うとマニアックと言うか・・キャラの個性に助けられたお話として笑ってしまうと言うのか・・

話は多少ヒーローアカデミーJから逸れますが。
自分自身に振り返って考えた時。σ(^ ^)の感想はサイト立ち上げの頃に比べて、どんどんどんどん長くなる傾向にあります。
良い!と思った場合など(とことんダメ!と思った場合は愛故に突っ込みが激しくなりますが)、気持ちを書き表すのに文字が足りない!言葉が足りない!と思ってしまって、どんどん書き足して長くなるんです・・。
まぁ・・もう一つの理由としては、自分が長文の感想を読むのが嫌いじゃないから・・と言うのがあります。力作の感想をよむのが楽しいし、書いた方の気持ちや感想が、長ければ長いほどラッキー(^^)v・・読み応えがある感想って大好きなんですよね。
コンパクトにまとめてある感想もあるんですが。やっぱり、読み終えた時の充実感ってのは、長い方かなぁ・・。
そういう自分が長いのが平気と言う理由もあって、どんどん長くなっておりまして(゜゜)\バキッ☆・・。
ふと、長い感想って。自分は良くても、読む人にしてみたら「うざい」ってなるかもしれないなぁ・・と思う時があります。
実は、このCDを聞いた時に。ふと、尽きせぬ愛を語るにしても、受け取る方にしたら「あぁ、鬱陶しい」となる事もあるよね・・・と、とりとめもなく思ってしまったのです。

あ・・別にこのお話の中のヒーロー談義がうざいとか、鬱陶しいと言う事では決してないのですが、本郷くんが熱く熱く語れば語るほど、
「半分以上は意味が分からないけど」(by信濃仁志くん)、なんか凄い!と言う感想になっちゃったりしたので。
あ・・書けば書くほど墓穴を掘りそうな気がしてきました(^^;

閑話休題!!さて!!
キャラクター設定もお話の一つだとは思いますが。それにしても、ヒーローとなるべく5人の若者の個性が無茶苦茶強くて。それだけで、お話がいくつも作られてしまいそうですよ(^-^)。
主人公の本郷くんは、もういかにもレッド!!熱血で、真っ直ぐで勇気と希望と平和を愛し、自らを律することが出来るヒーロー。しかし、その実は戦隊オタクで。戦隊物について熱く語り始めると、止まることがない(大笑)。鈴村さんもそうなんでしょうか?
個人的に受けていたのが、過去の戦隊ものの話をしているシーンでの
「前年のマグロレッドの必殺技・カブト割りが・・・」と言う部分でしたね。マグロレッドって・・マグロレッドって・・・・お魚戦隊だったのかしら?つーか、マグロだけにカブト割りですか?もう、この台詞はCDを一度止めて笑ってしまいました。
でも・・ちょっと突っ込みを入れるとするなら。彼がガンナイトに助けられたのは、かなり昔の話よね?なのに、その録画ビデオ?DVD?か何かを未だに見ているのは・・・それ以外の戦隊やヒーローはどうなんだろう?彼の中で、ガンナイトさんが一番!と言うのは分かりますけどねぇ・・。一体何年前の作品をしつこく繰り返して見ているって事になるのかしら?毎年、ライダーさんと戦隊物で2本は新作が出ていると思われるのですが・・(^^;。

そして、任侠の一人息子。可愛い顔をしているけれど、言動のあちこちに一般家庭とは違う要素が入ってきている信濃くん。明るく元気な彼は、イエローですかね?家庭が家庭なので、やっぱり普通に居てもらっては困るような気がします。これが、また宮田さんの声にぴったりでした。

気は優しくて、力持ち。でも、趣味は手芸にお菓子作りのパティシェさん!の大門くん。魔法少女に憧れての受験と言う設定が、ありえない・・・と思わせますが。力持ちならイエローなのに、うん・・・彼は絶対にピンクよねと思ってしまいました。
今回は、浜田さん演じる大門くんメインのお話がなかったので・・。次回に期待ですね。
そして、気が弱くて美形の御徒町くんの神谷さん。確かに、あまり皆と絡むシーンがなかったので。別録音でも大丈夫だったかな?とは思えますが。御徒町くんは、色としたら白?うん・・多分・・・なんとなく。
神谷さんは、本編と言うよりも。皆さんの無茶ぶりを受けてのトークに笑えました。・・・って事は、後から皆の演技やトークを聞いての録音だったんでしょうね。特に、トークでは初回特典のロングバージョントークの方が、その真価?を発揮していらしたように思います。

そしてそして!!一番好きな物は一番最後の一人っ子体質(大笑)(いえ・・・一人っ子じゃありませんが。何故か嫌いな物から食べて、最後におとっとき!となってしまうんですよね)の今回の一押しは、やっぱり蓮沼くんでしたねぇ・・。
見かけは、冷静沈着でクールなブルーさんなのに。その実、マゾ体質で放置プレイだの縛り方にうっとりするだの、飛んできた瓶を顔面で受け止めるために、眼鏡を外して「よしっ!」と気合いを入れるところなどなど・・。
もう、もう・・こんな人がヒーローになったら困るって(大笑)。わざとつかまるとか言い出しそうな気がしてしまいますもの。
蓮沼くんは、本編も凄かったですが・・。一番は、やっぱり初回特典の節分イベントでしたねぇ・・。いや、呼吸困難になるかと思いました。ここまではっちゃけて変態マゾの役って、ウラちゃんのイメージを引きずって聞いたら失敗しますよぉ(大笑)。
投げてくれ!と皆を追いかけ回すシーンは、苦しかったぁ・・。今も聞く度に笑えてしまいます。
もう、本当に遊佐さんお疲れ様でしたm(_ _)m・・と頭を下げたくなりましたね。

今回は、とりあえず御徒町くんと主人公の本郷くん、そして初回特典で蓮沼くんにスポットが当たっていたみたいなので。
次回で、大門くんと信濃くんかなぁ?って、1とあるからには続いてくれると良いのですが・・。新規レーベルさんは、ちょっとだけ不安もあるんですが。どうでしょう?

DOGS 
BULLETS&CARNAGE

三輪士郎 集英社ドラマCD SCD901157 2007年10月22日
1.Prologue
2.Weepy old killer
3.Gun Smoker
4.Blade Maiden
5.Stray dogs howling in the dark
6.Epilogue
櫻井孝宏(ハイネ・ラムシュタイナー)、石田彰(バドー)
伊藤静(直刀(ナオト))、大塚明夫(ミハイ)


能登麻美子(ニル)、関俊彦(牧師)、大原さやか(キリ)
西村知道(ドミノ・ボルドゥネ)、小山力也(男(直刀と曲刀の師))
中井和哉(メルヴィン・スクルージ)、白石涼子(ミミ)
遊佐浩二(イアン)、松谷彼哉(ミレーナ)
中原茂(ジョヴァンニ)、草尾毅(曲刀)、佐藤利奈(リリィ)
夛中一忠(ザック)、相馬幸人(バラン)

DOGS BULLETS&CARNAGE 02

三輪士郎 集英社 SCD901165 2008年10月23日
1.Prologue
2.Opening
3.White hair&Eyepatch
4.Maiden&Eisen
5.Wounded&Flawless
6.Smack&Down
7.Blade&Bullet
8.Cowardly&Proudly
9.Servant&Strayer
10.Ending
11.INTERMISSION
12.EX./HARDCORE TWINS
13.Bonus
櫻井孝宏(ハイネ)、石田彰(バドー)
伊藤静(直刀)、大塚明夫(ミハイ)


能登麻美子(ニル)、関俊彦(牧師(ビショップ))、大原さやか(キリ)
白石涼子(ミミ)、立木文彦(ダグ)、矢尾一樹(カルセリーノ)
西村知道(ボルドゥネ)、中原茂(ジョヴァンニ)、釘宮理恵(ルキ)
辻あゆみ(ノキ)、佐藤利奈(リリィ)

夛中一忠(ザック)、相馬幸人(バラン)、川津泰彦(遠山剣十朗(ケン))

杉崎亮(情報屋)、三浦潤也(手下A)
大原崇(手下B)、高橋研二(手下C)

.hack//黄昏の腕輪伝説

ビクターエンタテインメント VICLー61088 2003年3月21日
1.オープニング
2.大願成就!アウラ大明神
3.CC社れあれあネット・ショッピング
4.トーク1
5.「Travel Mind」(歌/皆川純子&中原麻衣)
6.トーク2
7.ザ・ワールド名作劇場「まいっちょんぐ凰花先生」
8.トーク3
9.ザ・ワールド・スターびっくりどっきり報告
10.エンディング
11.「Dawn」(歌/中原麻衣)
皆川純子(シューゴ)、中原麻衣(レナ)

川澄綾子(ほたる)、松岡由貴(ミレイユ)
甲斐田ゆき(凰花)、増谷康紀(砂嵐三十郎)
坂本真綾(アウラ)、保志総一朗(レキ)、檜山修之(バルムンク)

殿といっしょ

大羽快 フロンティアワークス MFCZー3009 2009年6月24日
1.第一陣「島津四兄弟編」
2.第二陣「織田信長編」
3.第三陣「木下藤吉郎編」
4.第四陣「真田一族編」
5.第五陣「前田慶次編」
6.第六陣「伊達政宗編」
7.第七陣「直江兼続編」
8.第八陣「慶次、兼続編」
0.おまけドラマ「機動武士ガンタイン」
10.キャストコメント
黒田崇矢(織田信長)、鈴木達央(伊達政宗)、三宅健太(片倉景綱)

立花慎之介(直江兼続)、白熊寛嗣(木下藤吉郎)、平川大輔(明智光秀)
檜山修之(島津義久)、波多野渉(島津義弘)、高階俊嗣(大友宗麟)
伊藤健太郎(真田昌幸)、岸尾だいすけ(真田信幸)、前野智昭(真田幸村)
小林ゆう(小松)、杉山紀彰(前田慶次)、原由美(おね)
伊藤麻衣(濃姫)、長嶝高士(ナレーション)

殿といっしょ 

大羽快 フロンティアワークス MFCZー3011 2009年11月25日
1.第一陣「上杉謙信&武田信玄編」
2.第二陣「山本勘介編」
3.第三陣「島津四兄弟編」
4.第四陣「織田信長編」
5.第五陣「真田一族編」
6.第六陣「長曽我部元親編」
7.第七陣「伊達政宗編」
8.おまけドラマ「機動武士ガンタイン〜劇場版〜」
9.キャストコメント
長嶝高士(武田信玄・ナレーション)、三宅健太(上杉謙信)

伊藤麻衣(仙桃院)、園部好徳(山本勘介)、平川大輔(山本勘市)
高階俊嗣(大友宗麟)、杉野博臣(立花道雪)
檜山修之(島津義久)、羽多野渉(島津義弘)、前野智昭(島津歳久)
原由美(島津家久)、白熊寛嗣(島津貴久)、黒田崇矢(織田信長)
立花慎之介(浅井長政)、岸尾だいすけ(真田信之)
伊藤健太郎(真田昌幸)、小林ゆう(小松)、桐本琢也(徳川家康)
能登麻美子(長曽我部元親)、鈴木達央(伊達政宗)

とらわれの身の上

樋野まつり コーエー 2001年11月21日 KECHー1195
1,運命的再会〜めぐるキズナ〜     
2,揺揺的心情〜ゆらぐキモチ〜
3,交錯的恋情〜じれるオモイ〜     
4,愛情的俘虜〜ふれるココロ〜
5,スペシャル・トーク
成田剣(黒石恵)、川澄綾子(昴上鈴花)

田中秀幸(黒石嘉)、高山みなみ(相楽剛志)
長島雄一(鈴花の父)、出口佳代(幼い恵)、神田理江(中国の母親)
稲田徹(竜神)、田中大文(男子生徒)、高崎拓郎(男子生徒)
月刊ララに連載されていた漫画が原作。はるか昔。昴上家の家宝を盗んだ泥棒が、その盗んだ巻物に描かれていた竜の呪いを受けてしまう。その呪いとは、昴上家の者を前にすると下僕発作が起きてしまうと言うもの。
主人公黒石恵は、しかし、昴上の家族が中国で行方不明になってしまったために、大学生になるまでその下僕体質に免疫のないまま来てしまった。むしろ、執事をしている父に昴上の財産が転がり込んでくると、自分が楽をするから昴上の一家が死んでいる事を望む始末。ところが、なんと鈴花が生きていた!鈴花と目が合った瞬間、強力な呪いが発動してしまう恵だった・・・・。
発売元が、コーエーと言う事。主人公に(アンジェリークでは、アリオス役の)成田剣さん・・・と言う事で、ラジオ番組のネオロマンスパラダイスで一部を放送してくれたドラマCD。ラジオでは、良い所で終わってしまうので(苦笑)確かに一枚聞いてみたくなるんですよね。で、これもそういう一枚になります。
もっとも、これは聞いて良かったですよぉ。何しろ、普通の恵と下僕発作を起こした恵の二種類を堪能出来ますから。でも・・ちょっといくら心配しすぎだからと言って、盗聴器をピアスにつけたりするのは、やりすぎじゃないかい??(大笑)。
成田さんは、このドラマCDの収録の時に「意識が遠くなる。皆に迷惑をかける」と目の前が真っ暗になる感じを受けた・・とおっしゃっていましたが、聞いている分には「どこで、そういう気分の悪いところがあったのかな?」と言う感じでした。個人的には、悪友・相楽と恵のやりとりが好きでした。あとは、もちろん巻末の出演者による座談会が楽しかったです(^-^)。

トワイライトシンドローム

HUMAN メディアレモラス MRCAー20071 1995年8月19日
1.プロローグ
2.通りゃんせ
3.ラブレター
4.つわものどもがゆめのあと
5.KING OF COMEDY(ザッツ・恐ターテイメント1)
6.JEALOUSY(ザッツ・恐ターテイメント2)
7.あやかしの館
8.不思議なあなた(歌:井上喜久子)
井上喜久子(ユカリ)、平松晶子(ミカ)、西村ちなみ(チサト)


佐久間レイ、速水奨、増田ゆき、檜山修之、亀山助清
石塚運昇、石原慎一、島津冴子、高橋久恵、京田尚子

とんでぶーりん
ブーリンゴ・ミックスジュース

池田多恵子 コロムビア 1995年3月21日 COCCー12502
1.愛はカッコわるい(インスト)
2.録音スタジオ(A)からー体にいいぶーりん@ー
3.録音スタジオ(B)からー競子の使えるイングリッシュ@ー
4.キッチンスタジオからー薫のひとりでできるかな@ー
5.ラジオショッピングー体にいいぶーりんー
6.録音スタジオ(A)からー体にいいぶーりんAー
7.僕はトンラリアーノ三世
8.録音スタジオ(A)からー体にいいぶーりんBー
9.夢じゃないよね
10.屋外ロケーミステリーシアター蜘蛛女のチューー

11.キッチンスタジオからー薫のひとりでできるかなAー
12.ごめんねって・・・
13.演芸場ー真美・柏木 ハリセン万才ー
14.録音スタジオ(B)からー競子の使えるイングリッシュAー
15.ぶーりん必殺数え歌
16.録音スタジオ(A)からー体にいいぶーりんCー
17.キッチンスタジオからー薫のひとりでできるかなBー
18.ブーリンゴ・キッス
19.ぶーりん・あ・ら・もーど(インスト)
白鳥由里(国分果林(ぶーりん))、石田彰(水野光一)、松本梨香(黒羽競子/ぶたセッション グリーン)

柏倉つとむ(武者小路琢磨)、佐藤智恵(山川真美/ぶたセッション ブルー)、山田義せい(日星)(柏木広海)
麻見順子(日高薫)、高木渉(ジミー松本)、渕崎ゆり子(トンラリアーノ三世)
大山高男(トンラリアーノ二世)、こおろぎさとみ(ぶたセッション レッド)

とんでぶーりん
みんなぶーりんになりたかった

池田多恵子 コロムビア 1995年9月21日 COCCー12883
1.イントロダクション
2.ヒヨコの事情
3.コケコッコの登場
4.コケコッコの逆襲
5.楽しいぶーりんランド@
6.電話する程仲がいい
7.ぶーりんもやっぱり女の子
8.デートする程仲がいい

9.ぶーりんの危機
10.電話する程仲がいいA
11.ぶーりんの恋
12.ケンカする程仲がいい
13.電話する程仲がいいB
14.楽しいぶーりんランドA
15.大人の事情
16.ぶーりん あ・ら・もーど
白鳥由里(国分果林(ぶーりん))、渕崎ゆり子(トンラリアーノ三世)
石田彰(水野光一(光仮面))、松本梨香(黒羽競子(コケコッコ)/ぶたセッション グリーン)


柏倉つとむ(武者小路琢磨(タマクラス))、佐藤智恵(山川真美/ぶたセッション ブルー)
山田義せい(日星)(柏木広海)、麻見順子(日高薫)、高木渉(ジミー松本)、
こおろぎさとみ(ぶたセッション レッド)、川村万梨阿(立石菜々子(キューティーチャオ))
荒川太郎(嵐山誠(マウンテンアラシ))、園部啓一(近藤正義(カマギスギス))

   ドラマCDトップに戻る


   ホームページのトップに戻る