×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ドラマCD「く・け」


九龍妖魔學園紀 
ドラマCDvol.1

今井秋芳 フロンティアワークス 2005年9月22日 FCCTー0028
浜田賢二(皆守甲太郎)、今泉文乃(八千穂明日香)、永迫舞(白岐幽花)

高瀬右光(夕薙大和)、みなのふうこ(七瀬月魅)、小上裕通(真里野剣介)
上田陽司(阿門帝等)、小池亜紀子(双樹咲重)、加瀬康之(取手鎌治)
松来未祐(椎名リカ)、坪井智浩(トト・ジェフティメス)、川鍋雅樹(神鳳充)
石田彰(黒塚至人)、関口英司(墨木砲介)、津村まこと(肥後大蔵)
新垣樽助(夷澤凍也)、樫井笙人(境玄道)
学園祭を迎えた天香学園。3年生はそれぞれに趣向を凝らした出し物をしている。主人公の転入した3−C組は探偵の仮装をしての喫茶店をする事に・・
そんな中、殺人事件が起こってしまい・・・
えーっと・・あの・・転校生って、この場合は主人公ですよね?PS2用のジュヴナイル伝奇ゲームが元になったドラマCDですから、主人公は皆が注目して、変わる原因になった転校生ですよね?
で、転校生が殺されるってのは、主人公(プレイヤー)が殺されたって事ですかい??と、目が点になってしまいました。
いやぁ・・・いろいろとドラマCDを聴いていますが。自分=主人公?が葬られたのは初めてよ(大笑)・・

次なる突っ込みが、「先生!!質問ですっ!!高校が舞台ですか?」と言う事。
だって・・登場人物が高校生に聞こえないんだもの(大笑)。そう・・登場人物のほとんどが、年齢詐称してるでしょ?と思って聴いてました。
解っているんですよ。声優さん達は、高校生じゃない事くらい(゜゜)\バキッ☆
・・・でも、これは高校が舞台ですって言われたら「あぁ。そうですね」って思うようにしてますし。皆さん、演技に工夫を凝らされているはずなんですよね・・それでも高校じゃないよ・・この学園(大笑)。ゲームはどうだったのでしょう?
ゲームが元になっているから、語尾や話し方にいろいろ特徴があるのは解りますが、「いや・・実際にはいないでしょ?」と思える人も居ましたし。どこの高校生が、自分を「拙者」とか言うよ・・(大笑)、ありえないでしょ?ゲームだとおかしくはないかもしれないけど、ドラマCDでは、妙に浮いて聞こえるのよねぇ・・(^^;
生徒会のメンバーなんて、絶対に25歳以上と言われても納得しそうな雰囲気あるし。主人公の皆守くんがアロマパイプを吸っていると言う設定・・これが、どう聴いても煙草を吸っているようにしか聞こえない!シュボっと言うライターの音?がして、ふぅっと息を吸い込むところは、煙草でしょ?何年くらい留年してます?これ、夜間高校なの?とか、いろいろ考えてしまいましたわ。

さて。
学園祭を前に起こった爆発騒ぎ。そして、動いていないはずの時計塔に人影があり、そこでナトリウムの瓶が転がっていたのを見た人が襲われた・・。
そして、学園祭当日。買い出し担当の転校生が、更衣室で休んでいる間に。喫茶の方では、食い逃げ犯が出た。それと同じ頃、更衣室の床に寝そべっているのかと思われた転校生は、実は殺されていた。
更衣室に出入りした人間の証言から、皆守は言う「この中に犯人はいる」と・・
正直、学園祭の前の爆発騒ぎや、時計塔の謎と絡むのか?食い逃げ犯は何かあるのか?そして、出入りした人間のうち1人がついている嘘とは??まるで解りませんでした・・。
もうちょっと考えて、解らなかったらドラマCDの2巻の種明かしを聴いて悔しがっていたいと思います。

それにしても。最後のトラックに入っていたトレジャーハンター・ロックフォード氏のお話。あちらの方は、声の持つ年齢などに違和感を感じなかったんですけどねぇ・。むしろこっちをメインに聴いてみたかったかも(゜゜)\バキッ☆

九龍妖魔學園紀 
ドラマCDvol.2

今井秋芳 フロンティアワークス 2005年10月21日 FCCTー0029
浜田賢二(皆守甲太郎)、今泉文乃(八千穂明日香)、永迫舞(白岐幽花)

高瀬右光(夕薙大和)、みなのふうこ(七瀬月魅)、小上裕通(真里野剣介)
上田陽司(阿門帝等)、川鍋雅樹(神鳳充)
樫井笙人(鴉室洋介)、秋元羊介(千貫厳十郎)

初回特典:ボーナストラック「すどりん妖魔學園紀」
坪井智浩(朱堂茂美)、松崎史子(神籬(ヒモロギ))
安斉一博
学園祭。3−C組は探偵喫茶をしている。しかし、更衣室で転校生が死体となって発見される。
更衣室に立ち入ったメンバーに、嘘をついている人間が居る・・・と皆守が指摘するが・・。
前編を何回も聞き直したんですよ。でも、1人か2人の嘘は見抜けるのですが。だからと言って、どうやって転校生を殺したか・・がまるきり分からない。
えぇええ??誰?誰が犯人なの?転校生イコール(この作品に於いては、プレイヤーたる)自分(大笑)を殺したの?と考えて、考えて。聞き直して。
それでも分からなかったので、降参してこの後編を聴いたなら!!
えーっと・・・ここから先は、これからこのドラマCDを聴いてみようかな?と思っている方は回れ右をして下さい。と言うのも、内容の核心に触れるネタバレについて、感想を書いておりますm(_ _)m。
















この位離しておいたからには、これを読んでいる方は既にドラマCDを聴いたか。もしくは、買うつもりもないし、聴くつもりもない。でも、たまたま通りがかって読んでみようか・・と思った方だけですよね??ですよね??
まだ聴いてない。ゲームが大好きで、聴いてみたいと思っている方は、しつこいようですが、後悔しますからねぇ・・。
倒述推理(先に犯人が分かっている場合。コロンボだとか、古畑任三郎など)以外で、犯人やネタが分かってしまうのは、これくらいムキーっ!!となるものはありませんから。


そういうのってあり?結局、全員が嘘をついてました!・・って、あんまりだわ。
全員が嘘つきだった・・・と分かった時には、「あぁ・・探偵喫茶を盛り上げるために、仕組んだ事件か・・じゃあ、プレイヤーである転校生は死んでないわね」と思ったのですが。
その予感は的中!これは、狂言殺人?事件で。
そこにたまたま、共犯者だと指名された人物・・・本当に偶然に居合わせた人が、ファントムを崇拝しており。学園に改革をもたらそうとした人物だった・・。。
彼だ・・と指名したのが、ファントム崇拝した人物でなかったら、どうなっていたのでしょう?
ただ、このファントム崇拝者の登場で。1巻で出てきた時計塔に落ちていたナトリウムの瓶の謎は解けました。
なるほど・・・ここに来ましたか!!
そして、探偵喫茶の食い逃げをした犯人(大笑)がちゃんと捕まるシーンもあって。ドラマCDとしては、きちんと落ち着く所に落ち着きました!!となる展開となりました。
でも、墓場の爆破事件は?あれ?時計塔だけじゃなかったのじゃない?と思っていたら。

この墓場の分は、初回特典?のボーナストラックで解き明かされていました。
なんだ・・会話に出てきた怪我人が、ここに絡むか・・(大笑)
これまた、落ち着く所に落ち着いて。見事に丸を描きましたねぇ(^-^)。お話のあれこれに、無駄がなく、きちんと収まってしまうと。気持ちは良いですね。
でも。このすどりんのお話で、坪井さんのオカマ言葉と迫力に、最敬礼しておりました。上手いねぇ!今回、一番気に入って何回も聴いてしまいましたわ。聞かせる声優さんですね(^-^)。

ゲームを基にした作品だから、しょうがない(゜゜)\バキッ☆のですが。
実際に、こういう喋り方をする学生さんは居ないでしょう?と思える人もいますし。全体的に高校生の集団には聞こえない(大笑)と、1巻と同じくいろいろと思いましたが。
このCDを聴いていて。左右あちこちから音が聞こえるんですけど。・・・3Dマイク?何?と思っていましたら。声優さん達が、実際に移動したり動きながら演技されていたそうです。
あぁ・・なるほど。それ故の臨場感と言うやつですな・・。こういう現場もあるんですね。
演技しながらの移動、お疲れ様でした。

ところで・・・剣劇(゜゜)\バキッ☆かぶれ?の印象の強い真理野くんが「可憐だ・・」と言うと・・あの映画の名台詞を思い出してしまうんですけど・・気になったのは、私だけでしょうか?

QMA!!ラジオドラマ 

KONAMI LC1672 2008年12月18日
第一話「マジックアカデミー大落下!〜編入生・ユリ現る!」
第二話「いけないミランダ先生!?」
第三話「購買部の危機を救え!」
第四話「アロエがアフロで大変身!?」
桑島法子(ルキア)、浅野真澄(シャロン)

落合祐里香(アロエ)、広橋涼(ユリ)
檜山修之(レオン)、子安武人(セリオス)
後藤邑子(リエル)、たかはし智秋(アメリア先生)
石塚さより(ミランダ先生)、若本規夫(ガルーダ先生/ナレーション)

Quintet(くいんてっと)
第一話「クインテット デビュー」

有限会社サウンドテイル STCD001 2002年8月23日
1.プロローグ「武道館勝負カウントダウン」
2.ももアイドル合格?
3.スタープロ 初顔合わせ
4.GET U
5.不満
6.暴動
7.テレビ初出演が来ちゃった
8.うちあげだよ
9.ハイパータクト
10.特訓
11.武道館ファイナルバトル
友永朱音(もも)、伊藤瞳子(らんこ)、大野まりな(ひなぎく)
伊藤硝子(かすみ)、川瀬ゆうこ(かりん)


石田彰(野村武)、藤咲かおり(榊原麗子)
緑川光(ホット吉川)、高橋広樹(タクト)

飛鳥井豊(チャーリー梅田)、柚木まき(キャシー浅海)
高橋翔(舩木アナウンサー)、吉田愛理(吉田アナウンサー)
吉田健二(ディレクター)、滝野洋平(AD)

ククロセアトロ 悠久の瞳

ブロッコリー 2000年2月26日 BCRー013
氷上恭子(エレナ)、津村まこと(ルカ)、石田彰(ニコール)

真田アサミ(マウス)、柳知樹(マペット)、鈴木正和(ハリス)
浜田賢二(アサシン)、高瀬右光(ヴォーレス)、沢城みゆき(ロリータ)
植松りか(ルナ)、北村弘一(町長)
小池亜希子、新垣正明、田中一永、松田幹哉

CLAMP学園 
怪奇現象研究所事件ファイル
1st File

CLAMP マリン
エンタテインメント
2000年10月25日 MMCCー4011
「OPENING THEME」〜Short Version〜1.「仮定法未来=明日」(歌/置鮎龍太郎・阪口大助)
「宇宙からの侵略者」
2.第1話 エメラルドオーシャンで私のハートがキューン
3.第2話 タンクの底にまっさかさまーかな?   
4.第3話 強行装着!!
「過去からの贈り物」
5.第4話 玄武園で僕、目がハートになったっすっ   
6.第5話 銀色のプレートの謎!
7.第6話 裏山についに現れたっす   
8.第7話 絶対絶命っす
「ENDING THEME」〜Short Version〜9.「いつも虹は雨降りのあと」(歌/三石琴乃・山本麻里安・かかずゆみ)
置鮎龍太郎(兎屋高雪)、かかずゆみ(水鏡美冬)、三石琴乃(亜細亜堂ゆうき)
山本麻里安(伊吹りおん)、阪口大助(鷹村光司)


「宇宙からの侵略者」
かないみか(前守寿美香)、鈴木裕美子(女子水泳部員)、松本保典(宇宙監視員)、坂東尚樹(侵略者)

「過去からの贈り物」
南央美(星野塚咲子)、桑島法子(高梨見晴流)、野島健児(竜ヶ崎太郎)、松本保典(教授)
綱掛裕美(ゼットン・初等部女児童2)、坂東尚樹(教授の同僚)、川上未遊(初等部女児童1)
くればやしたくみ(咲子の母)、前田剛(警備委員)
幼稚園から大学部まで、一貫教育の学園であるCLAMP学園。
その学園内で、クラブとは正式に認められてはいないものの、非日常的な事件などに興味を抱き扱い、研究するグループ。それが、怪奇現象研究所だった。
メンバーは、男性だが女性として育った亜細亜堂ゆうき(テレポーテーション能力あり)、古武道の達人である水鏡美冬、巫女であり霊的な物を見ることが出来る伊吹りおん、頭脳明晰そして、守護霊?であるメイドの幽霊・こいずみさんを持つ兎屋高雪、忍者の末裔で体術に優れた鹿村光司の5名。
今回の事件簿は、ゆうきがメインの事件「宇宙からの侵略者」と光司がメインの事件「過去からの贈り物」の二つを収録。
宇宙からの侵略者の方は、人物紹介もかねている雰囲気がありました。
しかし。大気中の成分を調べるようなクラブがあるのなら、怪奇現象同好会?も別にクラブになっても良いじゃないか・・などと思ってしまったのは、私だけでしょうか?三石さんは、そう言えば最近の作品でも身体は男だけど、気持ちはオトメキャラを演じていらっしゃいました。そうか・・・この時点から、その要素はあったのか・・とちょっと思ったり。
阪口さんのキャラは、パシリ君系の語尾に「っす」がつく少年で。可愛いなぁ・・。置鮎さんとのデュエットも、呼吸がぴったりでございました。

しかし・・二話目の話で思ったのが、そういう対応すべき兵器と言うか、対抗手段を一緒に打ち上げるくらいなら。その時点で倒しておいてくれよ・・・です。ありません?過去の地球からのメッセージで。地球を滅ぼすに足る存在が居て。それをとりあえず宇宙の彼方や地底深く眠らせたは良いけど。その眠りなどは永遠ではなく、何万日目あたりに復活する・・と予言があって。それに対抗すべき手段も一緒にあって・・。だったら、その時点でなんとかしておいてくれれば良い物を。
ゼットンと名付けられた贈り物(説明する時に、ウルトラマンと言うのをぼかしていますね。やはり、直接的にウルトラマンと固有名詞を挙げるのは拙いですかね)が、着ぐるみみたいで。
「じぇーっっとんーーー」と言う鳴き声?がね、妙におかしかったです。その着ぐるみが戦ったり火を噴いたりする所を想像すると、力が抜けてしまうんですけど。
同好会を認めようとしない生徒会があって。その会長が女性であるところなど。結構パターンの要素もあって、楽しかったです(^-^)。

CLAMP学園 
怪奇現象研究所事件ファイル
2nd File

CLAMP マリン
エンタテインメント
2000年11月22日 MMCCー4012
「OPENING THEME」〜Short Version〜
1.「仮定法未来=明日」(歌/三石琴乃・山本麻里安・かかずゆみ)
「招かれざるひと」
2.第1話 宝さがし大会で幽霊がでた〜〜〜〜〜〜!!
3.第2話 秘密組織に襲撃される!ひゅん、ひゅん、ひゅん、ひゅん、ひゅん、ひゅん!!
4.第3話 ケイさんと霊さんとパワードスーツ いよいよ謎が解き明かされる〜〜〜〜〜!!
「許されざるもの」
5.第4話 時間が戻る なぜか戻る そして謎の美女・加詩美さんに会った
6.第5話 加詩美さんが二人現れた あなたは一体誰ですか?
7.「ENDING THEME」〜Short Version〜
「いつも虹は雨降りのあと」(歌/置鮎龍太郎・阪口大助)
置鮎龍太郎(兎屋高雪)、かかずゆみ(水鏡美冬)、三石琴乃(亜細亜堂ゆうき)
山本麻里安(伊吹りおん)、阪口大助(鷹村光司)


「招かれざるひと」
川澄綾子(こいずみさん)、松本保典(教授)、緑川光(ケイ)、くればやしたくみ(女理事長)
坂東尚樹(老人・警備委員)、佐々木瑶子(恵意子(霊))、竹本英史(暗殺団リーダー)
前田剛(暗殺団サブ)、加瀬康之(暗殺団男1)、坪井智浩(暗殺団男2)

「許されざるもの」
川澄綾子(こいずみさん)、浅川悠(唯加詩美・カシミ)、坂東尚樹(先生)
竹本英史(男子生徒1)、前田剛(男子生徒2)、加瀬康之(男子生徒3)
「招かれざるひと」
理事長の提案で、夏休みに全校一斉での宝探し大会が行われる事になった。怪奇現象研究所でも、3組に別れて参加となった。
美冬とりおんが組んで校内を探索していたとき。幽霊に出会ったが、その幽霊には驚くべき秘密が隠されていた。
「許されざるもの」
高雪は、デジャビュと言うには強烈すぎるほどの経験をしていた。その日一日を何度も何度もリフレインしている感覚。そして、それを他の誰も気が付かない。そんな時、前回の今日にはなかった美女と出会ってしまった。
第一話〜第三話までの「招かれざるひと」は、お話が夏休みだと言っていますが。後半の「許されざるもの」は、時間が戻った時に「9月21日午前0時」とはっきりありましたので、9月に扱う事になりました。

さて。「招かれざるひと」の方は、聴いていて「??」と思った事がセリフとなって出てきました。
それは、ケイさんの正体に関する事なのですが。じゃあ、彼は一体何歳なのよ??と思ったなら、それが今回の事件の一番の謎よねと言う台詞で片づけられてしまって。「ちょおーっと待て!」と思いましたねぇ(大笑)。
いや、それで終わるの?終わってしまうの??これも、1の時の宇宙人の謎と同じで、聴いている人には解明されないまんまで終わってしまう内容になっちゃったわけで。思わず脱力しちゃいました(^^;。
あと、このドラマCDでは。各話のタイトルを声優さんが読んで下さるのですが。第二話の「秘密組織に襲撃される!」では、あの「ひゅん、ひゅん」をきっちりと読んで下さって。聴いている時には、ブックレットが手元になかったものですから、しばらく大笑いしてしまいました。ここでは、きっちりとタイプしていましたが。タイプした時に「多いなぁ」と思った事は、聴いている時には忘れていたわけで(゜゜)\バキッ☆。第二話のサブタイトル?は、私の中では「秘密組織に襲撃される」までだったんですよ。だもので、6回読まれた「ひゅん」に感激してしまったら。サブタイトルにちゃんとあったのねぇ(苦笑)。

そして。「許されざるもの」の方では。遙か3のゲームの事を思い出してしまっていました。
ドラマの感想からは逸れるのですが。ちょっと書いておきますね。
それは、時空を何回も繰り返した場合。その人間にとって時は流れないのか?と言うことです。

今回のケースは、全員が同じ時間枠を何回も繰り返す。9月21日を3回ほど繰り返しただけですから、せいぜい3日分余分?に時間が流れたのは平等ですが。
遙か3の神子は、何回も何回も全員を救うために時空を超越して、歴史を変えているでしょう?その場合。時空をさかのぼったら、神子が経験した辛い過去分の時は、彼女の肉体には関係ないのかなぁ?と。さかのぼったら、記憶だけは年寄りで(゜゜)\バキッ☆。肉体はその当時のままなら良いのですが…うーん、うまく説明出来ないですね。
例えば。AからBまでの時間が1年。BからA’に戻って、またB’に至るのに1年経過した場合。普通なら1年しか年は取らないのですが。経験して記憶がある神子の場合は、2年経過した事にはならないのかしら??
このドラマの場合は、皆で同じ時を何回も繰り返しているのだから、かまわないにしても。
でもねぇ、何故高雪だけが、同じ日が繰り返されている事に気が付いたのか?と言う種明かしは、かなり理屈っぽくて。ドラマCDを聞きながら、眉間に縦皺が寄ってしまいましたよ(大笑)。

しかし。声優さんも大変ですよね。同じ時を繰り返すのですから。同じように台詞を読まなくちゃいけない。凄いなぁ・・と別の意味で感動しておりました(゜゜)\バキッ☆。
あと。1での歌とは逆パターンと言いますか。前回は「仮定法未来=明日」を置鮎さんと阪口さんが歌って、「いつも虹は雨降りのあと」を三石さん、山本さん、かかずさんが歌っていらしたのですが。今回は、「仮定法未来=明日」を三石さん、山本さん、かかずさんが歌って。「いつも虹は雨降りのあと」を置鮎さんと阪口さんが歌っていました。歌う人によって、印象ってこうも変わるのねぇ…と言う見本のようで、楽しかったです。

クリセニアン夢語り
エル・デオの眠れる王

ひかわ玲子 フィフスアベニュー ASCSー2325 2007年10月26日
1.プロローグ
2.夢語りの始まり
3.スターノリアの花の香りに
4.眠れる王・再会の時
5.夢の中の物語へ
6.キャストコメント
神谷浩史(フェザラード)、宮田幸季(アンジュ/デュカール)

関智一(フェラベリート)、関俊彦(ジークラード)
桑島法子(リュキア)、沢城みゆき(ミルデラータ)
寺島拓篤(ラニール)、大浦冬華(ラリッサ)
小野涼子(セリシア)、千々和竜策(セオ・ザネス)

石田彰(吟遊詩人)、平川大輔(エル・デオの皇子)

グローランサーV Generations
PS2限定版同梱ドラマCD

ATLUS 2006年8月3日
*キャスト情報がなく、役名などからはっきりと分かる方のみ記載しています。
三木眞一郎(クライアス)、浅川悠(シェリス)

永野広一(セルディス)、金光宣明(アイザック)、石塚さより(メルヴィナ)
檜山修之(ギャレック)、保志総一朗(ルーファス) 他

クロノクルセイド
オリジナルドラマSPIRIT

森山大輔 ランティス 2004年4月21日 LACAー5266
1 DOLL IN THE SKYSCRAPER
川上とも子(ロゼット・クリストファ)、石田彰(クロノ)、千葉紗子(アズマリア・ヘンドリック)
根谷美智子(サテラ・ハーベンライト)、速水奨(ユアン・レミントン)、榊原良子(ケイト・ヴァレンタイン)
増田ゆき(シスターアンナ)、小暮英麻(シスターメアリ)、力丸乃りこ(シスタークレア)
水内清光(NY市警警部)、松本大(警部の部下)、西前忠久(メイシーズ支配人)、田島裕也(メイシーズ店員)ほか

2 愛の戦士アズマリア
川上とも子(ロゼット・クリストファ)、石田彰(クロノ)、千葉紗子(アズマリア・ヘンドリック)
松本大(ポルターガイスト)

3 シスターケイトの秘密
川上とも子(ロゼット・クリストファ)、石田彰(クロノ)、榊原良子(ケイト・ヴァレンタイン)
西村知道(エドワード・ハミルトン)、増田ゆき(シスターアンナ)、小暮英麻(シスターメアリ)
力丸乃りこ(シスタークレア)、西前忠久(悪魔)

4 クロノの道具箱
川上とも子(ロゼット・クリストファ)、石田彰(クロノ)、千葉紗子(アズマリア・ヘンドリック)
榊原良子(ケイト・ヴァレンタイン)、水内清光(NY市警警部)、松本大(警部の部下)ほか

5 社交界の悪魔
川上とも子(ロゼット・クリストファ)、石田彰(クロノ)、千葉紗子(アズマリア・ヘンドリック)

根谷美智子(サテラ・ハーベンライト)、丸山詠二(シュタイナー)、榊原良子(ケイト・ヴァレンタイン)
筈見純(ジョージ・バーンズ)、大西健晴(ボーティス)、原田正夫(紳士)、藤原泰浩(給仕)

クロム・ブレイカ

阿倍野ちゃこ マリンエンタテインメント MMCCー4132 2007年10月24日
保志総一朗(高城黒今)、井上奈々子(凪菜聖)
小野大輔(天草征四郎)、石田彰(サイアス)


岩田光央(クル蔵)、藤原啓治(ハリー少佐)、大原さやか(響子司祭)
千葉進歩(タカセ)、桑谷夏子(リリカ)、宮崎寛務(カイル)
能登麻美子(NO.4)、岡本信彦(NO.6)、高橋圭一(NO.7)
ゆりん(ハトコ)、関山美沙紀(楓)、桐木山花(シスター)
中尾衣里(女生徒)、加藤英美里(女生徒)、武虎(首相)
*保志さんのキャラの名前は、代用漢字です。

GATE1 契約

如月弘鷹 マリンエンタテインメント 2004年7月23日 MMCCー4058
5トラック〜14トラックは、CAST COMMENT
石田彰(西条晃)、三木眞一郎(城北力)、鈴村健一(南山茂)、緑川光(斎東一也)

田中理恵(修理)、石塚運昇(賀茂)、若本規夫(白虎)
麦人(玄武)、沢海陽子(朱雀)、植田佳奈(海部桔梗)

川崎恵理子(少年)、吉野貴宏(医師)、仲野元(幻獣)
原田博之(アナウンサー)、須加みき(女子生徒A)、沢口千恵(女子生徒B)
新宿に出かけた晃達4人組は、落雷の時に「契約した・・」と言う不思議な声を聴く。その後、現れた不思議な少女・修理が「四獣を返して下さい」と迫る。彼らには、ゲートを護る神の四獣が落雷と同時に宿ってしまったのだった・・・。
うっふっふ・・・・。こういう四神絡みのお話って好きですねぇ(^-^)。しかも、その四神に関わるメンバーが、また石田さんを始めとして好きな声優さんが演じるとなると、もうたまりませんがな・・。つかみはOK!!と言うところですね。
で?えーっと。青龍の三木さんが玄武で、玄武の石田さんが白虎・・って、最初は遙かの影響が抜けなくて。ちょっと違う!って思ってしまったりしましたが(゜゜)\バキッ☆。作品違うでしょ・・。

この1では、とりあえず彼らに四獣が乗り移っていると言う序のお話と。それぞれの四獣に、自分を宿主として認めさせなければならない試練のお話が3つ・・青龍を宿した緑川さんのキャラのエピソードだけが入りきらなかったので。それは2に続くのでしょうね(^-^)。
でも、この調子で行くと。賀茂さんのおそらく何か知っていそうな言動の謎や、そもそも、ゲートから四獣を解放してしまった原因を造ったモノとか、彼ら4人の若者がどうなってしまうのか・・までは2巻にも入りきらないはずですから。無茶苦茶序盤のお話だけをドラマCDにしちゃったのねぇ・・・・って感じです。
元が、ビブロスの雑誌連載のお話なので。おそらくは、完結していない・・んですよね??
原作が人気があって。それをドラマCDにするのは大賛成ですが。序盤で終わってしまうと、欲求不満になっちゃいそうですわ(^^;。

さて。お話が序盤と書きましたが。四獣を宿してしまう事で膨大なエネルギーを必要とする。しかも、契約を破棄すれば四獣が離れて行くとはいうものの、それは落雷の時に既に死んでいたはずの彼らの死を意味する。その上、四獣から宿主として認めてもらわなければ、召還するだけでエネルギーを吸いつくされてしまって死ぬしかない。
そうなると、選ぶのは一つしかないって事になりますよね?宿主として認めてもらう運命をつかみ取るしかない。
今回は、四獣のうち三獣までが宿主と関係を結びましたが、その過程がそれぞれに違うので、それも面白かったです(^-^)。

先ずは、石田さん演じる晃くん・・・自分と同じ名前の人物って、どうなんでしょうねぇ?役者さんだから、気にしてはいらっしゃらないでしょうが(あきらって名前のキャラを呼ぶ時もあるでしょうし)、聴いていてむずむずしました(苦笑)。
晃くんは、結構内向的に悩むんですね。一人で・・。しかも、憑依している白虎が渋いし、辛辣な事も言いますし。ちょっとお子様チックな晃くんには、白虎は厳しいですよね・・。その白虎が、「契約ではなく、約束だ」と言うシーンが一押しです。

次の三木さん演じる力くんは、昔のガキ大将?っぽいまんまに成長してしまった仲間思いの熱いヤツ。その相棒が、麦人さん演じているだけに爺様(゜゜)\バキッ☆っぽい玄武。幽体の状態だと、精神状態が強く反映されるから。だから自分は今、絶対に負けない!!と力強く言うシーンと、友達を亡くしてしまって泣く少年に、ノートを届けてやるシーンの優しさが好きです。

鈴村さん演じる茂くん・・。植田さんの関西弁は可愛いで、鈴村さんの場合は、可愛いではなくかっこかわいい(゜゜)\バキッ☆って感じが私はしましたが・・男性の関西弁って、吉本の芸人さんって感じもするんですよね(大笑)。この子は、姉御肌の朱雀が憑依していまして。この朱雀の沢海さんの姐さんチックな声って。もう、本当に好みでしてね!ほれぼれしながら、もっと会話して欲しいなぁ・・・と思っておりましたm(_ _)m。
あ、茂くんのエピソードでは。朝のTV番組で、表示されている時計時間と言うよりも定番番組の内容で、時間を推し量っていると言う部分に、とても共感しましたね。
いや・・実は、ありませんか?例えば、朝のめざましTVとかで。芸能コーナーが始まったから、今何分くらいだなって・・。コーナーの始まる時間で、大凡の時間が分かってしまう。曜日によっての特集や、ニュースの内容によっては、コーナーの時間がずれる時もありますが。それでも、ほぼ同じですものね。で、番組編成などでコーナーの時間が変わってしまうと、もう大変(大笑)。いつものつもりで、まだスポーツだから・・ってゆっくりしていると、コーナーが入れ替わってましたって事がありまして。慣れるまでが大変です(^^;・・。

緑川さんの一也くんは、2巻のお楽しみ!と言うところで。あまり出番も少なかったのですが。
このGATE 1では。田中理恵さんの修理ちゃんが、良かったですねぇ!!喜怒哀楽も少ないし、淡々と喋っているキャラなので。やりにくかったとは思いますが。「マジ?」と皆が訊く時に「大変真剣です」みたいな反応を返すのも良い!!
「マジです」って答えないんですもの。田中さんには気の毒ですが、この子のこういう反応って、このままで居て欲しいなぁ・・。

GATEU 始動

如月弘鷹 マリンエンタテインメント 2004年9月25日 MMCCー4059
7トラック〜16トラックは、CAST COMMENT
石田彰(西条晃)、三木眞一郎(城北力)、鈴村健一(南山茂)、緑川光(斎東一也)

田中理恵(修理)、石塚運昇(賀茂)、若本規夫(白虎)
堀秀行(青龍)、子安武人(寂光)、置鮎龍太郎(影政)
野島裕史(修羅)、生天目仁美(修繕)、岩田安生(創厳)

石井康嗣(斎東父)、津川悟(密僧A)、仲野元(密僧B)
佐土原智子(女子生徒A)、西原ゆーこ(女子生徒B)、須加みき(男の子)

沢口千恵(母親)、原田博之(青年A)、飯田征利(青年B)、水野理紗(祟神)
四獣を宿した高校生達の中で、まだ内なる青龍に認められていない一也。寺の息子で、認められるとしたら一番だと仲間からは思われていた彼が、青龍との契約で戸惑っている理由とは?そして、祖父の亡くなった秘密も龍神・たつかみ(青龍)にあると聞いた一也。
その青龍が憑依している事を知った僧侶達は、彼を軟禁してしまうのだった・・・。
この続きが!この続きが気になってたまらない!!
このお話の続きを聴くことが出来ないなんて!!久しぶりに欲求不満で「うがああ!」と叫んでしまいました(^^;>シャルルに捧げる・・以来かも・・ですよ。

ちょっと、愚痴らせていただきますが。マリンさんのドラマCDで。新譜発表の時に、とりあえず2巻までは発売が決定しているタイトルって多くありません??
2巻出しておいて、売れ行きを見て。売れたなら続きを出そうとか・・そういう考えなのでしょうか?(石田さん絡みのタイトルでは、WILD LIFEとマケスティアルージュと、このタイトルが発売決定の時に2巻まで予定がすぐに決まったのに。続きの予定がまるでなくて・・。彩雲国物語の原作版も、TV版に押されてしまったかどうかは謎ですが。原作2巻までしか出てないですよね。これも、出来たらドラマCDキャストオリジナルで続けて欲しかったなぁ・・・・)
大人の事情ってやつかもしれませんけど、何か妙に気になってしまいましたm(_ _)m。

純粋に、CDでドラマが聴きたいのです。出来たら、中途半端に放り出さないでちゃんと完結して欲しい!!完結は無理なら、きりの良いところまではお話を続けて欲しい!
ドラマCDで、原作の魅力に触れて気に入ったのなら。続きは原作を読むなりすれば良いのでしょうが。今、そんな余裕ないし(゜゜)\バキッ☆。特に、このお話の場合は原作がビブロスだったから、古本はありそうですが・・復刻したのかしら?>原作の漫画。と言うよりも、完結したのかどうかが知りたい!!でないと、コミック3巻を読んでも「あぁ、この続きは?」ってなりそうですから(^^;。
3巻のコミックタイトルが「覚醒」・・・終わっていそうにないですな・・(^^;。

さて。お話としては、1で四獣にまだ認められていない一也くんと青龍のお話が先ず一つ。これは、まぁ1からの流れで「来るだろうな」とは思っていたのですが。良く考えてみたら、一番先に認められそうな彼が青龍との契約が出来ていない。承認出来ない何かがあるのか?と思っていたら、そこに彼のお祖父様の壮絶な死が関係してくる。
ここに来て、話が認知の次のステップになってきましたね。
お坊さんと言うよりも、術師や召還士の人々。その団体さんは、4人よりも(当然ではありますが)ゲートについてや、四獣についても、詳しく知っている。そんな彼らは「とりあえずは、4人を今すぐに抹殺しない」事になり。そこに賀茂先生の存在が絡み始め。賀茂先生が行方をくらませてしまう・・・。
一也の祖父が亡くなった過去の事件と、四獣が口を閉ざす事を知りたい!と意見が一致した彼らは、京都にそのヒントがある事をつきとめるが・・・と言う部分で終わってしまいまして。
子安さんや置鮎さん達は、敵なのか味方なのか??そして、4人には秘密にされた事件とは??
あううう・・ここで終わったのよぉ・・。さぁ!どうなる?ってところで終わったのよぉ・・。しくしく・・。

もし、今(2007年段階で)ドラマCDの続きを!と言われたら。待ち望んでいた私のような人は嬉しいでしょうけど、声優さん達は困りますよね・・きっと。
前のお話覚えていない気がします・・(^^;。しかも、置鮎さんとかはお忙しいのもあるし、他にも一杯お仕事なさっているから、こんなにセリフの少ない一回きりのお仕事って・・・・と言う感じです。

個人的に気に入っているシーンは、ノーマルモードの大きさで姿を具現化したなら、晃くんの負担になるから・・と女性の膝の上に乗るくらいのミニサイズで出てきた白虎でしょう!!
ノーマルモードよりも声が可愛いの。ドスがきいてないと言いますか・・うん、可愛い。
その白虎が「あやつに死なれては、私も困る」と言った事で。感激した晃くんが
「白虎、おまえ実は良いヤツだな。撫で撫で」と言い。茂くんが「撫でたぁい」。力くんまでもが「俺も!」と身を乗り出してきた時に
「撫でるな」と困ったように言っているシーン!!いやぁ、もう今回超お勧めのシーンです!

月光仮面

川内康範 キャラモモ BJCAー0068 2007年6月21日
プロローグ
1.カウントダウン 真空爆弾!
2.テロ対策チームの男
3.誅殺!どくろ仮面登場!
4.赦しの果て
5.襲撃!どくろ仮面再び…!
6.祝十郎の推理
7.対決!月の光に照らされる者たち
8.憎しみが生むもの
テーマ曲「月光仮面は誰でしょう」
キャストコール
石田彰(祝十郎)、子安武人(楯岡和志)、関智一(袋五郎八)

中井和哉(ジャック)、宮田幸季(しげる)、大川透(松田警部)
保志総一朗(桐嶋竜二)、鳥海浩輔(どくろ仮面)
鈴木貴征(楯岡和雄)、樋口あかり(楯岡恭子)
矢澤喜代美(OL)、高橋圭一(テロリスト1)
中田隼人(テロリスト2)、鶴岡聡(飯塚)

月光仮面ビギンズ サタンの爪

川内康範 キャラモモ BJCAー0114 2009年3月26日
1.殺人ウィルス
主題歌「月光仮面は誰でしょう(ショートver.)」
2.月光仮面誕生
3.脅迫
4.襲撃!
5.憎しみと復讐の果て
6.宣戦布告!サタンの爪
7.EDテーマ「月光のバラード」/キャストコール
石田彰(祝十郎)、関智一(袋五郎八)
宮田幸季(しげる)、大川透(松田警部)

代永翼(榊冬馬)、櫻井孝宏(クイーン)、古澤徹(坂口正道)
御園行洋(佐々木達彦)、藤原啓治(榊幸雄)、神代知衣(榊はるか)
次賀慎一郎(祝の父)、岡田栄美(女性秘書)、林啓介(部下)
会一太郎(SP)、柴ヤオ(記者)

速水奨(サタンの爪)、納谷六朗(日光聖人)、???(月光仮面)

幻獣降臨譚

本宮ことは フィフスアベニュー GNCAー7075 2007年4月11日
名塚佳織(アリア)、入野自由(ディクス)、小野大輔(ライル)

伊藤健太郎(クルサード)、平川大輔(シェナン)、石田彰(ユリストル)
三木眞一郎(ランドール)、中田譲治(光焔)、千葉優輝(カナート)
太田哲治(ズール)、沢城みゆき(ミルテ)
武虎(ミルテの父)、福原耕平(盗賊)

幻想水滸伝 ドラマCD Vol.1

KONAMI LCー1662 2008年12月18日
1.Currents 2008(歌:福井裕佳梨)
2.第一話「赤月帝国」
3.第二話「帝都脱出」
4.第三話「解放軍」
5.第四話「花将軍の罠」
6.第五話「ソウルイーター」
鈴村健一(ティル)、子安武人(グレミオ)、石田彰(テッド)

中村悠一(フリック)、小西克幸(ビクトール)、福山潤(ルック)
伊藤かな恵(カスミ)、竹間千ノ美(クレオ)、日野聡(パーン)
布施雅英(マッシュ・シルバーバーグ)、水島大宙(キルキス)
花村怜美(オデッサ・シルバーバーグ)、山川敦也(テオ・マクドール)
四反田マイケル(ミルイヒ・オッペンハイマー)、大原さやか(レックナート)
住友優子(ウィンディ)、銀河万丈(バルバロッサ)

小田久史、庄子裕衣、古川康史、遠藤広之、矢倉裕

幻想水滸伝 ドラマCD Vol.2

KONAMI LCー1660〜1 2008年12月18日
Disc1
1.番外編「星辰剣」(CDオリジナル特典)
2.第六話「108星」
3.最終話「終焉〜旅立ち」
4.ラジオ幻想水滸伝 集まれ!108星!特別編(CDオリジナル特典)
Disc2
ラジオ幻想水滸伝 集まれ!108星!第1〜13回
鈴村健一(ティル)、子安武人(グレミオ)、石田彰(テッド)

中村悠一(フリック)、小西克幸(ビクトール)、福山潤(ルック)
伊藤かな恵(カスミ)、竹間千ノ美(クレオ)、日野聡(パーン)
布施雅英(マッシュ・シルバーバーグ)、水島大宙(キルキス)
花村怜美(オデッサ・シルバーバーグ)、山川敦也(テオ・マクドール)
四反田マイケル(ミルイヒ・オッペンハイマー)、大原さやか(レックナート)
山根剛(星辰剣)、住友優子(ウィンディ)、銀河万丈(バルバロッサ)

小田久史、庄子裕衣、古川康史、遠藤広之、矢倉裕、梶裕貴

  ドラマCDトップに戻る


  ホームページのトップに戻る