×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

セイントビーストー4


四聖獣
ヴォーカル&ドラマ

有栖川ケイ ランティス LACAー5127 2002年9月25日
1.炎の十字架〜ブラッディクロス〜
(歌/森川智之)
2.風のトリニティ
(歌/櫻井孝宏)
3.氷の聖痕
(歌/宮田幸季)
4.聖なる大地〜running to heaven〜
(歌/吉野裕行)
「ケダモノたちのあやしい夜」
5.Scene1 妖しいふたり
6.Scene2 大広間・ここに来た訳
7.Scene3 眠れないガイ
8.Scene4 ゴーストバスターズ四聖獣
9.Scene5 レイの夢の中
10.Scene6 夢の後の夢
11.Scene7 寝ている部屋
12.Scene8 ゴウの部屋
13.Saint Beast キャストフリートーク
BONUS TRACK
14.愛という名の嵐(歌/四聖獣)
15.WARNING!
〜お楽しみいただく前に〜
SPECIAL BONUS TRACK
パロディ801
16.ケダモノたちのカゲキな夜
森川智之(青龍のゴウ)、吉野裕行(白虎のガイ)
櫻井孝宏(玄武のシン)、宮田幸季(朱雀のレイ)

杉田智和(流星のキラ)、鈴村健一(風牙のマヤ)
聖獣として、鍛錬の日々を送っている4人。修行のさなか、住む場所を求めていた時。人気のない洋館に居を求める事になった。
レイが掃除をして、住むことが出来るようになるが・・・。ゴウの部屋になんと幽霊が出て、悪戯をするのだった!!
他、四聖獣各キャラによる歌や、パロディのドラマも入ったかなり過激なドラマCD(^^;。
櫻井さんと吉野さんの歌を初めて聴いたのが、実はこのセイントビーストシリーズです。森川さんと宮田さんはネオロマンス絡みで聴いていたので、さほどは思わなかったのですが、櫻井さんの歌に魅せられてしまいました(^^;。うわぁ、お上手だぁ・・・・・・。
吉野さんは・・ガイの時のお声はあまり好みではないのですが、このCD4曲聴き終わって頭の中にリフレインしたのが、何故か「ランニン トゥ ヘブン」の部分だったりしました。

しかし・・・これはねぇ・・・確かにブックレットやCDの帯などにも「801」だとはっきり書かれていますし、BLネタを過分に含んでいます・・って注記されてもいましたが。
まさかセイントビーストでここまでまともに?(゜゜)\バキッ☆やっちゃったか・・・と言うのが驚きでした。
いや、ありそうだな。あったら良いな(゜゜)\バキッ☆と思ったことはありましたが。BLCDではないと思っていたドラマCDでやられると、ガツンと頭を殴られたかのような衝撃が(^^;。なまじっか、普段がありそうでなかった(大笑)だけに、正面きってやられると「夢落ちとか、そういうの無し??本当にこれ、夢落ちじゃないのね???マッサージネタでもないのね??」と確認したくなりました。
声優さん達も「夢落ちなしなんだ」とシナリオを読んでびっくりしたそうですが、聴いた方もそうでした。
いやぁ・・・ここで櫻井さんの受けを聴くことになろうとは。このCDは、最後の16トラックのためにドラマパートが存在した!!と書きたくなるほどです(ここまで断言すると、ちょっと拙いかな??)。
不勉強にして、杉田さんは親猫シリーズでの受けしか聴いた事がないものですから、「あぁ、攻めを聴いてみたい」と思っていましたが。やっぱり攻めの方がお似合いだわ(大笑)。何故かなぁ?杉田さんの攻めはこれで初めて聴いたんですね。もっと多く出演なさっているように思うのですが。そして、櫻井さんは魔法学園シリーズなどのちょっとクールな攻めも好きなのですが。これを聴いていて、猛烈にスレイヴァーズシリーズの続きを聴いてみたい!と思ったのでありました(大笑)。
でも、懐かしかったかなぁ・・・・801と言う表現が。昔、キャプテン翼などの同人誌を友人に勧められた時。やおいと言う言葉の意味が分からなくて。その友人に「やまなし、おちなし、意味無し」と教えてもらった事がありました。それをふっと思い出しておりました。私にも純朴だった時代はあったのよ(大笑)。あれから、随分遠くに来ちゃったなぁ(゜゜)\バキッ☆。
さて。801以外の感想が書けていませんが(大笑)、他ではやはりレイの夢で、ゾンビになってしまった他のメンバーが秀逸でした。私個人はゾンビ映画は見た事がないのですが(見たら、絶対にうなされそうで・・・(^^;)ゾンビって、そういうしゃべり方しそうよね・・。はきはきではなく、どこか口がしまりきっていないドワーッとしたしゃべり方。何か妙に納得しながら聴いてしまいました(^^)v。


セイント・ビースト 四聖獣ヴォーカル & ドラマアルバム

聖獣降臨編 
ヴォーカル&ドラマ

有栖川ケイ ランティス LACAー5186 2003年7月24日
1.終わらない夢のひととき
(歌/森川智之)
2.SWEET ANGEL
(歌/櫻井孝宏)
3.Four Seasons
(歌/宮田幸季)
4.Bus Stop
(歌/吉野裕行)
5.birdcage
(歌/杉田智和)
6.Kitty
(歌/鈴村健一)
スペシャルドラマ「ケダモノたちの働く昼」
7.WARNING!
8.給湯室にて〜ゴウ部長のお呼出し〜
9.会議室〜恐怖の業務命令〜
10.受付〜流星商事のキラ部長登場〜
11.廊下にて〜硬すぎず、柔らかすぎず〜
12.給湯室にて〜リベンジ始動〜
13.会議室にて〜魔のエスプレッソ〜
14.医務室〜とりかえしのつかない事態(!?)〜
15.屋上にて〜レイの回想、シンの回想〜
BONUS TRACK
16.キャストフリートーク
森川智之(営業部長のゴウ)、吉野裕行(アルバイトのガイ)
櫻井孝宏(課長のシン)、宮田幸季(受付嬢のレイ)

杉田智和(得意先部長のキラ)、鈴村健一(社長の息子のマヤ)
アニメ「セイント・ビースト 聖獣降臨編」の回変わりEDになった歌6曲と、四聖獣と放浪天使が現代で会社務めをしていたら・・・のもしもを描いたドラマを収録。
歌の方は・・・アニメのEDになったと言う割には、テンポが良くて(゜゜)\バキッ☆OPに似合いそうな曲から、しっとりとEDだよな・・・と思わせる曲までいろいろ入っています。個人的には、櫻井さんの歌が気に入っていたりします。森川さんの歌は、ちょっとワイルドっぽいですよね(^-^)。吉野さんの歌は、歌でもガイ君は元気ね・・と言いますか(大笑)。はい。キャラを意識しつつ、アニメのED曲なんですね(^-^)。私は、聖獣降臨編は1巻しか持っておりませんので、先に聞いていたのは森川さんと櫻井さんだけでした(廉価版ね。石田さんが対談でご出演だったから(^^;)m(_ _)m。
さて。ドラマの方は、買ったのが実はセイント・ビーストのアナザードラマやコメディ版が先だったものですから、設定を今の商社で働く・・と言うものに変えたと言う事が驚きではなかったのが残念でしたね(^^;。だってあちらの方を先に聞いているんですもの(感想はまだですが(^^;)。だから、新鮮味はなくて。むしろ短いなぁ・・と思ってしまったし(゜゜)\バキッ☆、キャストトークで「こういう違う設定のドラマを演じたいね」とおっしゃっているのを聞いても「実現しちゃったよね」としか思えなくて・・・ご免なさいm(_ _)m。
まぁ、四聖獣の方の本当に801の作品に比べると思わせぶりなだけで、これは安心して普通のドラマとして扱えるのが嬉しいです(^-^)。

営業部長のゴウさんが、(本編よりも)ちょっとオヤジ臭いのが気になりますが。男なのに受付嬢に指名され、女性社員の制服まで着せられ(^^;(大笑)お茶をいれる事になって、キラに復讐しようと古典的な方法を考え、実行するレイが楽しい一枚です。お茶の中に雑巾の絞り汁を入れようとするレイのシーンは、本当に凄いですよ。宮田さん、お上手!!!あのトラックは何度も聞き直して、その度に笑っておりました。
でも。キャストトークでどなたもおっしゃらなかったのですが。語尾が微妙に「しゅ」になっているシーンがあるんですよね。赤ちゃん言葉でもなかろうに・・・あの語尾は一体何だったんだろう??と、何故か気になってしまいまして・・・。あれは、何かのパロディだったんでしょうか??


セイント・ビースト~聖獣降臨編~キャラクターエンディング集プラスミニドラマ

KIZUNA&SADAME
OVA「〜幾千の昼と夜編〜」
主題歌

有栖川ケイ ランティス 2005年11月23日 LACMー4233
1.「Kizuna&Sadame」
歌/四聖獣森川智之、櫻井孝宏、宮田幸季、吉野裕行
2.上巻エンディング「幾千の昼と夜」
歌/緑川光、宮田幸季、吉野裕行
3.下巻エンディング「心の帰る場所」
歌/森川智之、櫻井孝宏
語り/石田彰
4.Kizuna&Sadame Instrumental
5.幾千の昼と夜 Instrumental
6.心の帰る場所 Instrumental
一曲目と二曲目は、ドライブの時に聴いても良いくらいテンポが良くて。明るいし、歌っていらっしゃる方の声の聞き分けなども出来て。OKな感じですが。3曲目は、これは・・・石田さんを引っ張り込むために「語り」部分を用意したのかな?と思ってしまったくらいでした。しかも、この語りが怖い(゜゜)\バキッ☆。いや、ユダの声のままだから暗いと言うか低音。
しかも、「心の帰る場所」と言う歌自体が、歌いにくい歌なんですね。皆さんは、歌が流れている時に「次は音が上がるだろう」などと歌詞カードを見ながら予想したりはしませんか?歌詞を読みながら、このフレーズだと次は音が上がるだろうとか、音が伸びるとか(^^;。私は、歌のCDなどは結構そういう具合に曲のイメージなどを想像しながら聴くことがあるのですが。この歌は、その予想?と言いますか予感を裏切っておりまして。Instrumentalもついているのだけど、歌いにくいなぁ(^^;


OVA『セイント・ビースト ~幾千の昼と夜編~』主題歌マキシシングル 「KIZUNA & SADAME」

セイントクエスト
四聖獣が行く

有栖川ケイ ワンダーファーム 2005年12月17日
「Saint Beast〜幾千の昼と夜編〜」OVA 上巻付録
1.セイントクエスト〜四聖獣が行く〜
2.テーマトーク・クレジット
森川智之(ゴウ)、櫻井孝宏(シン)
宮田幸季(レイ)、吉野裕行(ガイ)
ガイが、シヴァに教えてもらった禁断の呪文。それは、異世界に四聖獣を誘う魔法の呪文であった。
ガイが呪文の最後に唱えた「唐揚げ食べたい!」を達成するまでは、元の世界に戻ることが出来ない4人。それぞれに衣装は違うし、必殺技も使えなくなってしまっていて。RPGの世界から抜け出す事は、果たして出来るのか?
ドラマ編の方は、BGMがモロにドラゴンクエストを彷彿させる音楽だったりしまして。結構面白かったですね。しかも、数歩歩くと敵に遭遇するエンカウント率がどうのこうの・・と言っていらっしゃるシーンでは、RPGのプレイヤー視点だったら、そうなるのかなぁ・・・などと思ってしまいました。いやぁ・・結構うざかったりする時はあるんですよ(大笑)。早く目的地に着きたい!とか言う時に、洞窟などでは特に敵との遭遇率が高くなってしまったり・・。しみじみ。
唐揚げを食べないと帰ることが出来ない!と言う時に、聴いていた私も「じゃあ、レイがいたら一生帰れないじゃない」と思ってしまったんですね。でも・・・登場人物なら、もっと早く気が付けよ(大笑)。
あと・・・唐揚げにしたある物体(゜゜)\バキッ☆を大事な所に隠していたゴウ。ちっともどうもなかった・・・と言う落ちの前に。それを食べた事に対して突っ込みを入れそうになりました(^^;。
声優さんのトーククレジットでは。森川さんは別録音だったみたいですね。

FOREST FANTASY
〜上を下への天界馬車ツアー〜

有栖川ケイ ワンダーファーム 2006年3月18日
「Saint Beast〜幾千の昼と夜編〜」OVA 下巻付録
1.FOREST FANTASY〜上を下への天界馬車ツアー
2.テーマトーク・キャストクレジット
石田彰(ユダ)、緑川光(ルカ)、杉田智和(キラ)
鈴村健一(マヤ)、鳥海浩輔(シヴァ)、福山潤(パンドラ)
シヴァの画策により、天界馬車ツアーに四聖獣は来ることが出来なくなった。放浪天使を含めて6人で馬車ツアーの予定を変更して、なんとかユダと二人きりになって、仲良くなろうとするシヴァ。
一方、キラは馬車にとことん弱く、乗り込んですぐに馬車酔いを起こしてしまう。
すみません・・もう、これはドラマCDと言うよりも。後半のトークの方の印象ばかりが強く残っています。
トークを聴いてここまで笑い転げたのは、初めてじゃないかしら?何しろ、私の笑い声に家人がすっ飛んできたくらいですし。笑いすぎて、出た涙で眼鏡が曇ってしまったほどなのです。
ドラマの方では、シヴァを懲らしめるためにユダがとある考えを実行に移そうとし。それにルカが気づき、ルカとユダを見ていたパンドラも気が付いてしまう・・。そのシーンが素敵でした。緑川さんの含み笑いに、あぁこいつら分かっているわけね・・・と思ってしまえるんですもの。画像がない分、演技は過剰になるかもしれませんが。その過剰に演じて下さる度合いがね。本当に素敵なんです。

トークの方では。ユダとルカ、シヴァとパンドラのそれぞれがお題を出してトークの司会をするパターンなのですが。運動会系?と言うか、ユダの堅苦しい語り口から、そのまま「一番!!」と怒鳴って意見を言う声優さん達とその勢いに、もう大笑い。特に石田さん・・・何もそこまで張り切らなくても・・弾けすぎ?。一瞬、開いた口がふさがらなくなり。ついで、襲ってきた笑いの波。そこまで演じて下さったら、もう本望です!!と言いますか。まだ、上半期も過ぎてはいないのですが。2006年のお勧めを決める時に、このトークは笑いのツボ部門くらい作ってしまおうか・・・と考えてしまったくらいです。

Saint Beast 光陰叙事詩天使譚
四聖獣の館へようこそ

ボーナスディスク
スペシャルCD2
2007年7月25日
*アニメDVDのアニメイト愛蔵版特典CD
森川智之(青龍のゴウ)、櫻井孝宏(玄武のシン)
宮田幸季(朱雀のレイ)、吉野裕行(白虎のガイ)


ゲスト:石田彰(麒麟のユダ)
四聖獣を演じた声優さんをホストに。
麒麟のユダ役の石田さんをゲストに迎え、ユダとそれぞれのキャラとの関係や、DVD2巻に収録されたアニメに関しての話などを繰り広げるトークCD。
ユダとそれぞれのキャラとの関係を語るパートでは。ガイとの関係が、おかしかったですねぇ!!
学年が違うんだよ・・と言う辺りで、ユダが3年生ならガイは、口の利き方を知らない1年生。ゴウは2年生。でも、ユダは3年生は3年生でも、帰国子女だの留年しただの・・・と言う噂が、先走っていて。近寄りがたい雰囲気があるから・・と言う話が出てきて。
その例えが、まさにぴったりで!
あぁ・・キャストの皆さんは、自分のキャラを正確に掴んでいますよねぇ!と感動してしまいました。

DVD2巻に収録されているアニメの内容を語る部分も、かなり楽しく。
一人のキャラ(シン)を語るトークや、普段?のドラマCDのおまけトークでは聴くことが出来ない話ばかりだったので。かなり聴き応えがあるトークCDでした。おまけ?にしては、35分もあって。買って良かったなぁ!と思いました(^-^)。

Saint Beast 螺旋の章 限定版ドラマCD
混沌のメビウス〜いつか同じ場所で〜

有栖川ケイ マーベラスインタラクティブ 2007年9月20日
森川智之(青龍のゴウ)、櫻井孝宏(玄武のシン)
宮田幸季(朱雀のレイ)、吉野裕行(白虎のガイ)


石田彰(麒麟のユダ)、緑川光(鳳凰のルカ)
守護天使の失踪事件を解決するために、四聖獣が人間界で暮らしていた日々の話のドラマ。

ゴウとシンは、暮らしていた洋館の開かずの間から音がした事で、探検と掃除を行う話。
レイとガイは、ガイがフライドチキンを購入し。レイに没収されまいと館を逃げまどう話。
ユダとレイは、夜に半月を眺めている様子を・・・
ゲームとなったお話をドラマにしたのだから、仕方ないと言ったら仕方ないのですが。
それぞれに、主人公と思しき人物が共に行動しており。四聖獣のそれぞれが、語らぬ主人公に
「貴方はどう思いますか?」「手伝っていただけますか?」と意見を求めたり、話しかけたりしています。
それが、結構うざい(゜゜)\バキッ☆。
そういう企画の物だとは分かっているのです。CDに向かって、自分が返事をしたら良いだけのことですが、「ここだと思う」「どうして逃げているの?」とか・・CDを聞きながら、話しかけたり返事をするなんて出来ないわっ!!つーか・・・本当にやったとしたら、危ない人じゃないですか・・・私。
そりゃね、ツッコミは入れますよ。そりゃないでしょ?とか、うわぁ!止めて!ありえねぇ〜!待って!(一番多いツッコミは、ちょっと待たんか!だったりするかもしれません。すみません・・言葉が悪くって)などなど・・・あ、結構ツッコミはしているんだ(゜゜)\バキッ☆。
でも、ツッコミと会話は別(大笑)。かつて、某BLCDのトラックで。登場人物になったつもりで、会話をしてみよう!と言うものがあって。会話や返事を答える部分はピー音で区切られていたりしたのですが・・。出来なかったですもの。

おそらくは、CDを聴くと言う行為は。
それらのお話を客観的に見守っている第三者であり、一種の「神の目」的存在になっているのではないか?と思います。Saint Beastで神ってのは、ちょっと拙いのですが(大笑)

それらの事象に介入する事が出来ないけれども、全てを見ている存在。
そういう物になっているはずなのに、自分に語りかけられる。でも、積極的に介在するわけではない・・・妙なジレンマに陥るからでしょうか?
そして・・自分が四聖獣やルカやユダにかまわれると言う構図も大変美味しい(大笑)のですが。
第三者として、彼らの日常を見守っていたい・・・微妙なファン意識があるからかもしれません。

つまりは、実在のアイドルグループが居て。彼らの特別になれたら嬉しいけれども。それよりも、やっぱり偶像は偶像として神格化したいって感じかしら?トイレなんて行かないのよ・・みたいな(大笑)。
そう思って接してきたSaint Beastのキャラクターから語りかけられると言うのは、嬉しいけど複雑で、気を遣わなくても良いから・・・と思ってしまったりしまして。
なんだかねぇ・・。
でも。四聖獣と一緒に館に居るはずなのに、何故に最後のトラックではユダ達と一緒に行動していたのでしょうね?それが、最後の彼らの会話の謎の一つと繋がっているのかもしれません。

Saint Beast 螺旋の章
ゲーム攻略ボイスCD アニメイト特典 

2007年9月20日
櫻井孝宏(玄武のシン)

Saint Beast 優しさを紡ぐひとときに

ワンダーファーム ECDー001 2008年5月15日
1.タイトルコール
2.麒麟のユダ〜メッセージ〜
3.わけもなく寂しい夜に・・・・・・
4.仕事に疲れたおまえに
5.友だちと喧嘩したのか?
6.具合が悪いのか?
7.片思いの恋に悩んでいるおまえに
8.大切な人との悲しい別れ
9.共に祝おう
10.玄武のシン〜メッセージ〜
11.クラスメートと喧嘩したと聞きました
12.成績が下がってしまったときには・・・・・・
13.失恋したのですね
14.仕事のミスで落ち込んでいる貴方へ
15.ついてない・・・・・・と思った時に
16.ひとり暮らしを始めた貴方へ
17.怒っているわけを聞かせて下さい
18.金狼のカムイ〜メッセージ〜
19.いやなことがあったのか?
20.友人と仲直りしたいおまえに
21.気がすむまで泣くといい
22.財布をなくしたのか?
23.仕事が思うように進まないときには・・・・・・
24/おれの褒めかた
25.たまには叱られたいようだな!
26.スペシャルトラック(ユダ&シン&カムイ)
    Happy Birthday 〜誕生日を迎えたおまえに〜
石田彰(麒麟のユダ)、櫻井孝宏(玄武のシン)、平田広明(金狼のカムイ)

Saint Beast 心模様 For You
Boys Version この身にかえて守りたい

ワンダーファーム ECDー005 2008年10月15日
1.タイトルコール
2.少年天使ユダ〜メッセージ〜
年上の貴方へ・編
3.素直になれないなら
4.泣きたい日の貴方へ夛
5.ひとり暮らしはたいへんですか?
6.やる気が起きない日には
7.眠れぬ夜にはそばにいます
同年のきみへ・編
8.バイト先で大失敗をした日は
9.友達作りが苦手なきみへ
10.くじけずにがんばろう
11.自分の気持ちをうまいく伝えられないきみに
12.悪魔の囁きが聞こえたら
13.少年天使ルカ〜メッセージ〜
年上の貴方へ・編
14.朝寝坊した日には
15.失敗続きで落ち込んでいる貴方へ
16.ご機嫌斜めですか?
17.自分の時間がない貴方へ
18.寂しいときにはぼくが・・・・・・
同年の君へ・編
19.成績が下がってしまったときに
20.手料理がうまく作れないきみへ
21.友だちに借りたものを台無しにしてしまったときは
22.綺麗になりたいきみへ
23.自信を喪失してしまったら
24.スペシャルトラック〜肌荒れに効く赤い実〜
石田彰(少年天使ユダ)、緑川光(少年天使ルカ)

  ドラマCDのトップに戻る


  ホームページのトップに戻る